【特別寄稿】イスラエルにおけるコロナ禍――ユダヤ教超正統派と世俗派のあいだで|山森みか

初出:ゲンロンα 2020年5月30日配信

 ゲンロンカフェではこの4月、当時ドイツ在住だった高橋沙奈美さんに、同地およびロシア、ウクライナの東方正教会におけるコロナ禍への反応と対応についてレポートをいただきました。今回はコロナ禍における世界の宗教を知る企画の第2弾として、イスラエル在住の山森みかさんに、同地の社会状況とユダヤ教についてレポートをいただきます。イスラエルの文化は、日本ではそれほど知られていないのではないでしょうか。山森さんの著書『「乳と蜜の流れる地」から──非日常の国イスラエルの日常生活』(新教出版社)によると、「ユダヤ人であれば、好むと好まざるとにかかわらず、宗教と民族は一致する」とのこと。全世界に降りかかったコロナ禍に対して、宗教的慣習が人々のふるまいを大きく規定しているイスラエル社会では、どのような対応がなされたのでしょうか。
 
 6月5日(金)19:00より、山森さんとビデオ通話をお繋ぎし、上田洋子が聞き手となってお話を伺う【放送限定!2時間番組】「コロナ禍から見るイスラエル社会──宗教、民族、国家、家族」を、ニコニコ生放送のゲンロン完全中継チャンネルから生放送いたします。番組チケットは500円(チャンネルの月額会員は無料)。ニコニコ生放送のタイムシフトに対応しており、放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組はくり返しご覧いただけます。番組の詳細は下記をご覧ください。
 配信URL= https://live.nicovideo.jp/watch/lv326291851
 概要URL= https://genron-cafe.jp/event/20200605/
 
 好評を博した第1弾の動画はVimeo にてご視聴いただけます。こちらもぜひご覧ください。高橋沙奈美×上田洋子「復活2020──コロナ・イデオロギーと正教会」(編集部)

ユダヤ人の諸集団

 ユダヤ人と言われる人々の中にも様々な集団があり、それぞれまったく異なる生活をしていることをご存じだろうか。私が住んでいる現代イスラエル国は人口900万人弱だが、その構成はユダヤ人75%、アラブ人20%(ムスリムとキリスト教徒)、その他(ドゥルーズ教徒やアラブ人以外のキリスト教徒など)が5%となっている。そしてユダヤ人の内訳は、世俗派45%、伝統派25%、宗教派16%、超正統派14%である。

 この区分けは必ずしも厳密なものではなく、それぞれの集団内にもグラデーションがあり、どちらかといえば自己理解に依拠する点もあるのだが、大まかに言うと世俗派というのは、ユダヤ教の様々な規定(食事や安息日)をあまり遵守せず、西洋近代的合理主義に基づいた生活様式で暮らしている人々である。伝統派は世俗派よりは伝統を守っているが、宗教派ほどではない。宗教派の人々は、ユダヤ教の規定により忠実だが、世俗の職業にも兵役にも従事する。超正統派の人々は、定められた規定を厳格に守って生活しており、生涯をユダヤ教の経典であるトーラーの学習にささげるのがよしとされているため、兵役には就かない。超正統派の男性は、揉み上げとひげを伸ばし、夏でも長いコートに帽子をかぶっているので、簡単に見分けられる。女性は長袖に長スカートで、髪を覆っている。宗教派の男性は帽子ではなく、頭に丸いキッパと呼ばれるものをつけていることが多い。超正統派・宗教派の女性は足の線が出るズボンを身につけることはなく、どうしてもズボンをはく時は上からスカートで覆う。一方世俗派の人たちは、今日の世界で標準的な服装であり、袖なしや半袖、短パンや膝上丈のスカートを身につけているので分かりやすい。
 

通勤列車でも、時間が来ると祈祷用肩掛けをかけ、アプリを見ながら祈祷するひとがいる

 
 ここまではユダヤ教の規定遵守の程度によって諸集団の特徴を語ってきたが、その政治的立場に目を向けると、また異なる様相が見えてくる。現代のイスラエル国は、ユダヤ人が国を持たなかったが故に味わってきた悲劇を前提として成立している。それを示すのが、ユダヤ人の祖父母を持つ者はだれであれイスラエル国籍を付与されるという帰還法である。

 これは、次にユダヤ人に対する迫害が起きた時にはイスラエル国が彼らの逃れ場所を提供するということを意味する。ユダヤ教の規定においてはユダヤ人の母から生まれた者、あるいはユダヤ教に改宗した者のみをユダヤ人とみなす。けれども、ナチスがユダヤ人の祖父母を持つ者すべてを迫害したため、ユダヤ教から見れば非ユダヤ人であっても、ユダヤ人の祖父母がいればイスラエル国籍が付与されるのである。ここにあるのは、近代国民国家イスラエルという枠組みはユダヤ人が世界で生き残るための一つの政治的手段にすぎず、国旗も国歌も徴兵制も、ある意味で世俗の事柄に属するものだという認識である。そして超正統派の人たちは、世俗のイスラエル国を認めず、前述のように徴兵も拒否している。彼らにとって意味があるのは自分たちの宗教共同体のみであり、世俗国家の世俗法よりも、宗教法が優越しているのは自明の理なのである。

 なお、聖書の記述に基づいていわゆる大イスラエル主義を唱え、宗教的信念から現代イスラエル国の領土拡張を主張し、ユダヤ人入植地を拡大したり、より過激な行為に至ったりする人たちもいるが、彼らは超正統派ではなく、宗教派に軸足を置いていることが多い。いわゆる宗教右派である。世俗派の人々の政治的立場は右から左まで様々だが、パレスチナ問題についてはイスラエルにおけるユダヤ人の特権を認めず、徴兵拒否をするような急進的左派もわずかではあるが存在する。ここにおいて、ことパレスチナ問題に関しては、世俗派内急進的左派に属する人々と、超正統派の人々の立ち位置が近くなるというねじれが生じるのであった。

 このように超正統派の人々は、一方ではユダヤ人の存在そのものを規定し、またその拠り所であったユダヤ教の数々の規定を遵守し続けることで、いわばユダヤ教の根幹を担っている。にもかかわらず、トーラーの学習に邁進する生活のみをよしとして徴兵義務を拒否し、子沢山で政府から援助金をもらって納税せず、近代的な価値観を受け入れないばかりか時代遅れな自分たちの法に基づいて世俗派を批判する厄介な人々だと、世俗派の多くの人々に考えられている。安息日を遵守し、食物規定にも服装規定にも厳しい超正統派の人々と、価値観の異なる世俗派の人々が同じ地域に住むのは不可能である。世の中には話し合って歩み寄りができる問題とできない問題があり、実際の暴力につながるようなトラブルを回避しつつ共存を続けるためには、互いにできるだけ干渉せずにすむゾーニング、住み分けしかない。

 よって同じユダヤ人の中でも、属する集団によって居住地が自然に分かれている。なお、超正統派がそんなに国民国家を軽視するのであれば政治に一切関わらないかといえばそうでもなく、彼らは自分たちの要求を通すために政党を作って国会に代表を出し、組閣の際は政党間の綱引きに乗じてキャスティングボートを握っては閣僚を送り込んでもいるのであった。

大阪府生まれ。国際基督教大学大学院比較文化研究科博士後期課程修了。博士(学術)。著書『古代イスラエルにおけるレビびと像』、『「乳と蜜の流れる地」から――非日常の国イスラエルにおける日常生活』、『ヘブライ語のかたち』等。テルアビブ大学東アジア学科日本語主任。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ