リベラルからラジカルへ――コロナ時代に政治的自由は可能なのか(1)|外山恒一+東浩紀

ゲンロンα 2020年6月2日配信

 2020年5月25日、コロナウィルスの流行にともなう緊急事態宣言が全国で解除されました。東京では街にひとの姿が戻り「自粛明け」ムードが強くなる一方、本日6月2日には都内で30人を超える新たな感染者が確認され、小池百合子都知事による「東京アラート」の発動が検討されています。
 そうした日々流動する情勢のなかで、人々の自由はどのように担保されるのでしょうか。ゲンロンカフェでは5月10日、革命家の外山恒一氏をお招きし、東浩紀との対談を放送しました。ほとんど同世代でありながら、これまで「パラレルワールド」を生きるように交わらなかったという外山氏と東。そのふたりの対談が実現したのは、コロナ禍における監視社会の進行に対して、共通して強い危機感を抱いていたからでした。なぜ「リベラル」は、自由をみずから放棄する行動を取ってしまったのか。そしてコロナ禍以降、言論人のあり方はどのように変わるべきなのか。人間にとって本当に大切なものとはなにかを根本から問いなおす対話の模様を、2回に分けてお届けします。第2回は6月中旬公開予定です。(編集部)

 
※ 本イベントのアーカイブ動画は、Vimeoにてご視聴いただけます。ぜひご覧ください。
第1部= https://vimeo.com/ondemand/genron20200510no1
第2部= https://vimeo.com/ondemand/genron20200510no2

 


東浩紀 今日は「コロナ時代に政治的自由は可能なのか?」というタイトルで、革命家の外山恒一さんをゲンロンカフェにお招きしています。外山さんをお招きするのは2回目ですが、ぼく自身はじつは初対面です。外山さん、今日はどうぞよろしくお願いします。

外山恒一 よろしくお願いします。

大衆に勝てないリベラル


 今回のイベントは外山さんのご提案で実現しました。ぼくは外山さんの活動は以前から知っていました。『ゲンロン』での座談会がもとになった書籍『現代日本の批評』について外山さんがサイトで長くコメントをしてくれているのも読んでいます。

 1970年生まれの外山さんと71年生まれのぼくは、社会の大きな変動をほぼ同じように経験しているはずです。しかしそれらに対する反応や、これまでの活動は大きく異なっている。だからぼくとしては、パラレルワールドを生きているようだと思っていた。なので今回のご提案には正直驚きました。

外山 東さんとは以前からお話したいと思っていたのですが、直接のきっかけは今回のコロナ騒動です。ぼくは普段、テレビのニュースをほぼ見ないので世情に疎いのですが、それでも今回のコロナを受けて、人々が進んで自粛に従っていく風潮はおかしいと、徐々に感じるようになりました。補償も十分にされないのに自粛し、同調圧力でお互いを監視し合うような状況に苛立ち始めた。なので個人的に、ネット上で反自粛の宣言をして、ゴールデンウィークに高円寺の駅前で「独り酒」と称して活動を行なったりしました。要するに「街に繰り出せ、集まれ」ということですが、社会全体がこれだけ神経質になってる状況だし、無届集会の主催ということで逮捕される可能性を警戒して、「駅前広場で独りで飲んでるから、絶対に来るなよ」という呼びかけ方をしたんです。結果、駅前に毎日100人くらいが集まって、路上で宴会をしていた。

 その過程で、東さんも今回の自粛に対して異論を提起していていると知りました。しかも論点が反監視社会・反管理社会という点で、ぼくの主張とかなり一致していた。そこでゲンロンにメールを送り、この対談を提案しました。

 光栄です。

 今回のコロナ禍で、いままでの「国家対リベラル」という図式は崩壊し、リベラル論客のほうが国家による強い監視を求め始めています。そこに驚いています。外山さんはコロナ騒動が始まってからのリベラル勢力の動きをどうご覧になっていますか。