ドン.キホーテ論――あるいはドンペンという「不必要なペンギン」についての一考察(中)|谷頭和希

ゲンロンα 2020年7月21日配信

前篇はこちら
 まずはこの曲を聞いてほしい。

 これは、ドンキのテーマソング「ミラクルショッピング」だ。店内で流し続けられている曲なので、耳にしたことがある人も多いだろう。「ドンドンドン〜」と店名が連呼されるサビの部分ばかり目立つが、曲をよく聞くと「気分は宝探し」、「激安ジャングル」、「真夜中過ぎても楽しい」などドンキの特徴をよく表す言葉で埋め尽くされていることが分かるだろう。

 前回はドンキホーテのキャラクター「ドンペン」について考えながら、それがドンキにおいて果たす役割を考えてきた。その過程で私たちは、ドンキの内部について考えていくことになった。そこでは「ドンキは、周囲の環境との一致がその外装だけではなく内部にまで及んでいる」と論はまとめられたわけだが、実はその内実を見るときにこの曲が示唆するものは非常に大きいのだ。

 ドンペンから考えるドンキ論、第2回は「ミラクルショッピング」を聞きながら読んでほしい。

「ミラクルショッピング」からドンキの内部を考える


 ドンキは、どのように周囲の環境との一致が内部にまで及んでいるのか。まずは「ミラクルショッピング」の歌詞をふまえて、ドンキの内部構造の特徴をまとめておこう。同曲の歌詞では「ジャングル」や「宝探し」といった他の小売店では考えられない言葉が並んでいる。こうした単語はその店舗構造の複雑さを表している。ドンキのフロアマップを見てみよう。

【図1】ドンキのフロアマップ。通路は入り組み、目的地までなかなか到達できない(ドンキ練馬店)
 

 このように曲がりくねった通路を持つ店舗構造は回遊型の店舗構造と呼ばれている。この店舗構造は、スーパーなどの他の小売店のフロアマップと比較してみるとさらに際立つ。

【図2】一般的なスーパーの店内マップ(スーパーサンシいくわ店のホームページより★1)。目的地まですぐに行ける。
 

 Amazonの巨大倉庫や、マンハッタンの街区をも思わせるスーパーの店舗構造は、目的の品までどう行けばいいのかが一目で分かる合理的なものだ。そう考えると、いびつで不規則なドンキのフロアマップはますます不合理に思えてくる。なぜドンキは、あのような不合理な店舗構造を作り出すのか?


NEWS

連載

ゲンロンβ