ドン.キホーテ論――あるいはドンペンという「不必要なペンギン」についての一考察(下)|谷頭和希

ゲンロンα 2020年7月27日配信

中篇はこちら 

居抜きとドンキ


 山梨の名湯・石和温泉をかかえるJR石和温泉駅。ここから30分ほど歩くと、突然、モスクのような建造物が大きく視界に入ってくる。ドンキ石和店だ。

【図1】ドンキ石和店
 

 実はこの建物、かつて「元祖国際秘宝館石和甲府館」だったもの。性のテーマパークとしておなじみの「秘宝館」にドンキが居抜き出店をしたのである。

 ドンキ石和店についてはネット上でも多くの探訪記があるので、興味がある方はそちらをご覧いただきたい。ここで注目したいのはドンキの出店戦略の柱ともいえる「居抜き」だ。

 例えばドンキ那覇国際通り店は、日本建築界の大御所、安藤忠雄が設計した「那覇OPA」の居抜き店舗である。安藤忠雄が設計したドンキ……。そのアンバランスな響きには思わず笑ってしまいそうになる。このように、ドンキは各地の有象無象の建築物を居抜いてその出店を拡大している。今や、居抜き無しでドンキを語るのは難しい。しかし、このことはドンキにとってどんな意味を持っているのだろう?

欲望が思想に先行する


 都市商業研究所の佐藤庄之助によれば、ドンキの居抜き出店は「店舗によっては照明、昇降機などの内装設備や一部の什器をそのまま活用するため、建物を新築するよりも安い費用で店舗を拡大できるメリット」があるという★1。確かに、ドンキではエレベーターや什器類が居抜き前のまま残っている場合が多く、今あるドンキからかつてそこにあった店舗を想像することもできる。内装だけでない。外観においても、かつての雑居ビルの外観を残しつつ、そこにドンペンと「ドン.キホーテ」という看板を取り付けただけの店舗も散見される。

【図3】MEGAドンキ立川店。元々はダイエーだったビルにドンキの看板とドンペンを貼り付けた
 

 いずれにせよ、居抜きの最大のメリットは、出店コストを最小限に抑えられることにある。その意味において居抜き出店はドンキにとって非常に合理的な手法なのであろう。

 同時に忘れてはならないのは、ドンキは小売店であり、居抜き戦略は経営コストを最小限にすることにおいて、資本主義的な目的に適っているということだ。そして「資本主義に適う」ということが、今まで私たちが語ってきたドンキの店内を形作っていることは強調してもし足りない。

 なぜドンキは土地ごとに異なる外観や内装を持つのか。それは街ごとのニーズを捉えて、より儲けるためである。ドンキはそうした「儲けたい」という欲望を徹底することで経営を行う。極端ともいえる居抜き戦略には、ドンキを支える資本主義的な欲望がはっきりと顕れている。


NEWS

連載

ゲンロンβ