【特集:コロナと演劇】暗闇のなかの演劇──東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(5)|ブレット・ベイリー

ゲンロンα 2020年10月9日配信

 東京芸術祭ワールドコンペティション関連企画「コロナと演劇」。今回は、南アフリカを拠点に劇作家、演出家、舞台美術家、インスタレーション・アーティストとして世界的に活躍するブレット・ベイリー氏による寄稿だ。
 ベイリー氏は1967年、南アフリカ共和国生まれ。ケープタウンを活動拠点とするパフォーマンス集団「Third World Bunfight」の芸術監督であり、アフリカ諸国のみならずヨーロッパ、オーストラリアなどで作品を発表、多くの賞を受賞している。また国際的な演劇祭で審査員を務め、東京芸術祭ワールドコンペティション2019にも審査員のひとりとして来日した。
 現在、世界的に見ても深刻なパンデミックを経験している南アフリカ共和国。アフリカ大陸の全感染者の約半数が集中し、世界で5番目に感染者が多い。本寄稿でベイリー氏はアーティストとしてのとまどいや不安を正直に吐露しながらも、「この暗闇を理解し、応答するためにアーティストはなにをすべきか」と問い、みずからがコロナ禍で紡ぎ出しつつあるプロジェクトを語る。それは日本の読者にとっても、暗闇に灯るろうそくのように希望を示してくれるはずだ。

 

 8月末の今日、ケープタウンから40キロほど離れたわたしの暮らす農場は、凍てつくような寒さに包まれている。周囲の山には雪の冠がかかり、空には雨雲が重くたちこめている。わたしはお湯の入ったボトルを膝に乗せ、パソコンからSpotifyを通して流れる音楽を聴きながら、机に向かっている。この5ヶ月間というもの、わたしはほとんどの時間をこの椅子に座って過ごしている。話し相手といえば、いまはソファで寝ている黒猫だけだ。

 外では、つまりこの農場を囲う柵のむこう側の不安定な世界では、多くのひとが職を失い、ストレスと空腹を抱えて生活している。ときには産業ごとビジネスが崩壊し、人々はいつにも増して不確実性と不安、そして絶望に直面している。人種差別の歴史が生んだ凄まじい社会的格差はもはやこの国の代名詞となっているが、それもパンデミックによってますます悪化の一途をたどっている。

 ここ南アフリカでは、世界的に見てもかなり厳しいロックダウンが敷かれた。酒とタバコの販売は5か月にわたって完全に禁止され、つい先週解禁されたばかりだ。感染率は世界で5番目に高い。これまでに約61万人の感染者が出ていて、これは人口の1パーセント強にあたる(一方、日本の感染率は0.04パーセント程度だ)。

 この期間の雰囲気を音楽にたとえるとしたら、甲高い音が絶えずキンキンと鳴り響ける一方、重苦しいベース音が悲痛に訴えかけてくる、そんな音楽になるのではないかと思う。中音域はあまり鳴っていない。

 ニュースでもっぱら話題となっているのは、パンデミック対策という名目で政府や民間企業が動かす多額の金銭をめぐる腐敗だ。与党議員が友人や親類に様々な契約や入札を都合し、何億ドルもの金が個人口座に吸い込まれていった。


【特集】コロナと演劇公開日
宮城聰ロングインタビュー──東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(1) 演劇人としてのあゆみ|宮城聰2020年9月11日
宮城聰ロングインタビュー──東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(2) だれのための演劇か──公立劇場ができること|宮城聰2020年10月2日
宮城聰ロングインタビュー──東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(3) 演劇は「不要不急」か?|宮城聰2020年10月16日
これは私たち共通の物語──東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(4)|戴陳連2020年9月25日
暗闇のなかの演劇──東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(5)|ブレット・ベイリー2020年10月9日
東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(6)|劇団ボノボ(チリ)2020年10月下旬予定
東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(7)|レミ・ポニファシオ(ニュージーランド)2020年11月中旬予定

劇作家/演出家/舞台美術家、サード・ワールド・バンファイト主宰。南アフリカの劇作家、演出家、デザイナー、インスタレーション・アーティスト。南アフリカのみならず、海外ツアーも広く行なっており、国際演劇フェスティバルの審査員も数多く務めている。2001年にはスタンダード・バンク・ヤング・アーティスト賞の演劇部門 を受賞、2007年にはプラハ・カドリエンナーレにて舞台美術の金賞を受賞した。2014年にはUNESCO国際演劇 協会の ワールド・シアター・デイへ向けたメッセージを執筆。2019年、フランスの芸術文化勲章シュバリエを受勲。Third World Bunfight  portrait by Andreas Simopoulos

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事