「新しい蛮族」と私たち──東京芸術祭ワールドコンペティションにむけて(6)|劇団ボノボ(パブロ・マンシ、アンドレイナ・オリバリ)

ゲンロンα 2020年11月6日配信
 東京芸術祭ワールドコンペティション関連企画「コロナと演劇」第6回は、現在チリ演劇界でもっとも力ある若手劇団のひとつとして注目される、劇団ボノボから届いたメッセージだ。
 劇団ボノボは2012年、チリで創立。パブロ・マンシとアンドレイナ・オリバリの2名が共同ディレクターとして全作品を共同演出してきた。昨年(2019年)、東京芸術祭ワールドコンペティション2019で観客賞を受賞した『汝、愛せよ』は、地球外生命体が数多く地球にやってきた近未来の世界が舞台である。作中では、彼ら、地球外生命体への差別的な対応も珍しくないなかで、チリの医師たちが「いかにして差別を克服するか」をテーマにブラックユーモアあふれるディスカッションを展開した。ブラジルの演出家・アウグスト・ボアール(1931-2009)は、演劇の浄化作用(カタルシス)を否定し、観客とともに社会的課題の解決をめざすことを演劇の役割であると考えたが(『被抑圧者の演劇』)、ボノボのディスカッション演劇はこうした中南米演劇の系譜にあると言えそうだ。
 本作は東京芸術祭2020にて、東京芸術劇場での映像上映とオンライン配信が行われる。読者の皆さんも、ぜひディスカッションに参加してみて欲しい。
 パブロとアンドレイナはコロナ禍のチリを襲うさまざまな困難を見つめながら、『汝、愛せよ』でも追求した「蛮族」というテーマと改めて向き合う。「暴力はなぜ生まれるのか」という問い──それは今、より一層緊迫したリアリティをもって私たちの前に立ちはだかっている。

 

 新型コロナウイルスが世界や我が国チリに到達する前、民主主義や自分たちの演劇活動や創造と芸術をどう考えるかについて、カンパニーとして思慮を重ねてきていました。私たちの場合、創造という文脈で考えると、まずは制作状況について思考せざるをえません。と同時に、劇団において創造活動をしようとすると、現実的な情勢、つまり現実に引き裂かれて危害を被った些細な事柄と対話をすることになります。

 集団として課題に取り組もうとするたびに、新たな意味づけを与える演劇の構想について考えます。このような見解に至ったのは、創造的プロセスにおいてコミュニティと対話する際に、一見不動な社会的意味を変えられる可能性があることに気づいたからです。ここからわかったのは、自分たちの作品において出来事という概念が重要だということです。それを偶然起こったものと理解することもできますし、過剰な正常性の結果現れて、人々の生活の中で炸裂してしまうものとも理解できます。後者の場合、名付けることも即座に意味づけすることもできない宙ぶらりんな空間(場)を生み出します。作品づくりの際に考えるのは、普段の生活の中で行動する際に身に着けるヘゲモニー的「ヴェール」と矛盾することを可能とするそのような出来事の到来についてです★1。結果として、私たちは不快を感じ、道徳的・倫理的に宙ぶらりんな状態に置かれます。そして、危機の到来、つまり予期もしなかった出来事がなければ見えなかったであろうその何かに、新しい意味づけをする可能性をもたらしてくれるのです。

 演劇とは、自分たちを窮地に立たせ、新たな社会的意味づけを行う空間であると私たちは理解します。演劇においては、亡霊のように現れる何か、死んでいたと思っていたのに動き回り、私たちにとっての起こりうることの認識を変えてしまうような何かを集団として再び見ることができるのです。つまり、先述のヘゲモニー的ヴェールである正常性の認識とぶつかる、動揺させるような経験や出来事に基づいて、私たちの日常で力を発揮する政治的・社会的対立は演劇において新たな意味を獲得できるということです。

『Tú Amarás(汝、愛せよ)』ディベロップメント。Baryshnikov Arts Centerレジデンス(ニューヨーク/アメリカ合衆国)2017年 撮影=Maria Baranova
 

 もちろん、出来事の急襲は演劇のようなフィクションの一部を占めるだけではなく、それが常に普段の生活でも起こっているのではないかと考えることもできます。それは一種の中断を意味し、そこではそれまでの正常性と整合性のあった表象は崩れ去ってしまうのであって、だからこそ、生活のための、社会的で新たな意味づけをする空間(場)を開くことは避けられないのです。

 

+ その他の記事

2012年にチリで劇団ボノボを創立。共同ディレクターとして全作品を共同演出してきた。パブロ・マンシはアカデミア・クラブ・デ・テアトロで演技を学んだ後、俳優として児童青少年演劇の劇団ラ・マラ・クラセ(「悪い教室」)に参加。劇作家としては、『野蛮人たちの住むところ』でサンティアゴ市より最優秀劇作賞を受賞。2017年には、ロンドンのロイヤル・コート・シアターで滞在制作を行い、『ファイト・アゲインスト』を執筆。2020年に同劇場で初演の予定。アンドレイナ・オリバリは、ラテンアメリカ文学で学士号を取得するとともに、同じくアカデミア・クラブ・デ・テアトロにて学んだ。俳優、ドラマトゥルク、教育者として活動するかたわら、チリの劇作家イシドラ・アギレに関する演劇リサーチプロジェクトを展開している。https://www.facebook.com/bonoboteatro/

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事