ゲンロン新芸術校 第6期グループ展A「かむかふかむかふかむかふかむかふ」レポート|金子弘幸

ゲンロンα 2020年11月20日 配信

 2020年9月13日(日)~9月20日(日)、ゲンロン新芸術校第6期グループAによる展覧会「かむかふかむかふかむかふかむかふ」が開催された。参加作家は、川﨑豊、圡金、堀江理人、松岡湧紀、宮野かおり、宮野祐の6名。加えて、新芸術校CL(コレクティブリーダー)課程より、金子弘幸、中村馨がキュレーションを担当した。展覧会の指導は、堀浩哉氏、和田唯奈氏に担当していただいた。

 本年は新型コロナウイルスの感染拡大に加え、新芸術校としては途中での講師変更という特殊な環境下で授業が進行した。そのため、第6期として初の対外的な作品発表となる本展は、大きな緊張と不安の中で開催を迎えることとなった。

 タイトルに用いられた『かむかふ』は、小林秀雄が本居宣長の論を敷衍する形で述べた「考える」の古い形である。「か」に特別な意味はなく、「む」は身、「かふ」は交わることで、現代の私たちが普段用いている「考える」よりもフィジカルなニュアンスを伴い、対象を理解するためには身を以って相手の親密な関係に入り込む必要があるとしている。今回出展したグループAの作家は共通して、自分と似ているようでいて異なる他者やその信条・価値観を、なんとか理解しようとする試みをテーマとしていた。

展覧会場の風景1
 

展覧会場の風景2
 

 川﨑豊による《正しさの巨人(赤/青)》と名付けられた大きな人型オブジェは、天井ぎりぎりの高さから鑑賞者を見下ろす。初見ではその大きさと上から見下ろされる構図に恐怖を覚えるが、それと向き合い、赤青の中に穿たれた3つの暗闇を見続けるうちに、もしかしたら恐怖しているのは巨人側ではないか、とも思えてくる。身体中から突き出る粘土片も、抑圧的な巨人を想定すれば怒りの発現に思われるが、一方まるでガラス片が全身に突き刺さっているようにも見え、大変痛ましくも見える。もしかするとこの巨人は、こうした強者/弱者、加害/被害、怒り/怯えといった二面性の間にいる存在として認められるのではないだろうか。また、そんな彼をその高さにのし上げているのは、見るからに不安定そうな木製の台で、その立場がいかに危ういかを表しているかのようでもある。

川﨑豊《正しさの巨人(赤/青)》
 

 

 

1984年山形生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ゲンロン新芸術校第6期生CL課程。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ