ひろがりアジア(2) コロナゼロの島──「要塞」は「安息の地」になれるか|吉澤あすな

ゲンロンα 2020年12月4日配信

 私たちは、いかに「コロナと共に生きる」ことができるだろうか。2020年3月以降、感染が急速に拡大していった時期、どの国も経済を停滞させることを厭わず、厳しい対策を講じて感染リスクを抑え込むことを目指した。しかし、一旦対策を緩め、経済と社会を動かす段階において問題になるのが、感染リスク、そして感染対策の適用とそれらがもたらす負担の「不平等さ」だ。日本では、経済振興策として「Go Toトラベル」や「Go Toイート」といったキャンペーンが導入され、観光や外食を楽しむ人が増える一方、そうした行動ができない人たちの間で不平等感や閉塞感が一層強まる結果が生じている。また、観光地の住民が、観光客の「自由な行動」を実現するために、地域に感染が拡大するリスクを引き受けたり、行動の自粛を求められたりする現実もある。

 本稿では、日本よりもはるかに厳しい罰則付きの感染対策を実施しているフィリピンにおいて、一時期「コロナゼロ」を実現していたボホール州の経験に焦点を当てる。この島は、「コロナゼロ」から島内への感染拡大を経て、国をあげた観光業回復の実験場として観光地をオープンさせようとしている。島が経験した「コロナゼロ」から「with コロナ」への移行、そして、経済回復と感染リスク抑制の両立において顕わになった「不平等さ」の問題から、「コロナと共に生きる」困難と可能性について考えてみたい。筆者は、学術研究の調査のため、2019年9月から1年間の予定で現地に滞在していた。本稿の記述は、2020年8月に筆者が帰国するまでに現地で見聞きした内容と、新聞記事等オンラインで収集した情報に基づく。

 フィリピンの中央ビサヤ地域に位置するボホール州=ボホール島【図1赤色部分】は、新型コロナウイルスの感染拡大後、州境の封鎖によって4月末まで新規感染者が確認されず、「コロナゼロ」を実現していた。まるで強固な「要塞」と化した島★1は、5月に入り、他地域に足止めされていた地元出身者の帰郷が始まると、間もなく島中に感染が広まった。現在に至るまで、島の内外を結ぶ交通は特別便などに限定され、入州のための健康証明書提出や到着後14日間の隔離が義務付けられるなど、人の往来は制限されたままだ。

 住民が不自由な生活を強いられるなか、政府は、この崩れかけた「要塞」を、「tourist haven」つまり観光客の「安息の地」へとつくりかえようとしている。長らく新規感染ゼロを維持した実績を中央政府に買われ、ボホールは観光産業回復のモデルとして抜擢されたのだ。州境の水際対策を維持しつつ、国内外から観光客を迎え入れる計画は上手くいくのだろうか。

【図1】ボホール州(赤色部分)は、セブ市から高速船で2時間ほどの距離にある。国際空港を備え、白い砂浜に並ぶリゾート群は3月まで外国人観光客で賑わっていた 地図作成=吉澤あすな
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程。主な専門は、南部フィリピンにおける草の根の平和構築とムスリム-クリスチャン関係。異宗教間結婚や改宗といった、異なる人々が交わる日常実践に着目している。著書に『消えない差異と生きる―南部フィリピンのイスラームとキリスト教』(風響社)、共著に『日常生活と政治: 国家中心的政治像の再検討』(岩波書店)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事