ゲンロン新芸術校 第6期グループB展「雨の降る日は天気が悪いとは思わなかった ●1点」レポート──「作品外部との交渉・一過性の展覧会」|鈴木祥平

ゲンロンα 2020年12月18日 配信

 2020年10月10日(土)~10月18日(日)、ゲンロン新芸術校第6期グループBの展覧会「雨の降る日は天気が悪いとは思わなかった ●1点」が、ゲンロン五反田アトリエで開催された。

 受講生からキュレーターとして金盛郁子。出展作家として安藤卓児、 大倉なな、きんたろう、白井正輝、田邊恵利子、メカラウロ子、鈴木祥平が参加。講師には飴屋法水氏、青木美紅氏を迎えた。

 この展覧会では、講師の飴屋氏と青木氏の力もあり、作品と展示空間が共鳴して「不安定な均衡」を生み出していた。このレポートでは、その「均衡」を成立させた要素を紐解きながら、同時に、会場内に構築された豊かさとダイナミズムを伝えられるように書いていきたい。

 まず会場で配布されたハンドアウトにキュレーターを務める金盛が寄せたステートメントを見てみよう。

「偶然を引き起こした得体の知れない根源をあらゆる方法で追求する。そして各々の表現を通じて、偶然という、全く捉えどころのない、見えない敵と立ち向かう。葛藤の痕跡でもある作品は、日常生活で起こり得た偶然に対して下された、彼らの立場の表明でもある。」

 作品を制作した7名の作家はここに書かれた「偶然」そして「葛藤」という言葉に反応した。「偶然」とは作家自身に強いられた境遇や不条理な現実だ。作家たちは、自らの意思を介さず降りかかる「偶然」に「葛藤」する。

 葛藤とは、偶然とどのように折り合いをつけるかという模索とも言えよう。その模索の中で、作品はその場に居合わせた他者や展示空間との関わり方を見出そうとする。
 

展示会場の入り口
 

1992年東京都生まれ。ゲンロン新芸術校第6期生通常課程。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事