ゲンロン新芸術校 第6期グループC展「『C』 戻れ→元の(世界)には、もう二度と←ない」レポート──「CURE/CAREがもたらすほわほわの種」|中田文

ゲンロンα 2021年2月26日 配信
 明日2月27日より、〈ゲンロン新芸術校〉第6期 最終成果展が開催されます。この成果展は、これまでのグループ展の選抜者8名と敗者復活の6名を合わせた選抜展『0地点から向かいます―「現代美術の再発明」の再設定』(最終成果展I最終成果展Ⅰ)と、惜しくも選抜には残らなかったものの高い実力を発揮する受講者たちによる『MEGURO NO SANMA』(最終成果展II)の、ふたつの展示で構成されています。この1年を通じておこなわれた授業の集大成となります。この機会にぜひお越しください。
 詳細はゲンロンα掲載のニュースをご覧ください。

 

 2020年11月7日(土)~11月15日(日)、ゲンロン新芸術校第6期グループCの展覧会「『C』 戻れ→元の(世界)には、もう二度と←ない」が、ゲンロン五反田アトリエで開催された。出展作家として、宇佐美妃湖、加瀬雄一朗、サトウ、junjun、出川慶亮、中平志穂、新田紘平、HIRA、伏木健太、BOCHA、村井智の11名が参加。CL(コレクティブリーダー)課程より中田文がキュレーションを担当した。展示指導は田中功起氏と磯村暖氏、講評会のゲスト講師として飴屋法水氏という顔ぶれだった。
 

展示会場の入口
 

 自分が関わった展示について何かを語るということは、徹底的に客観的な視線を保てなければただのセンチメンタル・ジャーニーになってしまう。コントロール不能だったグループCにおいてはキュレーションどころではなかったので、このレポートはその顛末記と言ってもいいだろう。

 グループCは作家11人という大所帯である。私が最初に頭を悩ませたのは、これだけの人数の展示をどうやって配置するかということだった。会場図にプランを書き込んでは修正を繰り返していたある日、田中講師より本棚を活用した3Dでの配置案が発表され、新境地の回路が開いた。

+ その他の記事

映画作家&アロマ研究家。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事