ゲンロン新芸術校 第6期グループD展「『美術は教育できるのか?』に対する切り込みと抵抗 THE MOVIE」レポート――「召喚する空間」|中田文

ゲンロンα 2021年3月30日 配信

 2020年12月5日(土)~12月13日(日)、ゲンロン新芸術校第6期グループDの展覧会『「美術は教育できるのか?」に対する切り込みと抵抗 THE MOVIE』が、ゲンロン五反田アトリエで開催された。出展作家として、赤西千夏、飯村崇史、甲T、星華、ながとさき、藤江愛、前田もにか、三好風太の8名が参加。CL(コレクティブリーダー)課程より中田文がキュレーターを担当した。展示指導は私塾パープルームを主宰する梅津庸一氏と第1期で金賞を受賞した弓指寛治氏、講評会のゲスト講師としてグループCの講師を担当した田中功起氏という顔ぶれだった。
 

展示会場の入口
 

 グループCに引き続き私がキュレーターを担当することになったグループD。9月から始まった4つのグループ展の中でも最後とあって、当初は時間がたっぷりある印象だったが、実際は数々の課題をこなしながら12月までモチベーションを保ち、いざ現実的な時期を迎えた時には意外と持ち時間が少なく追い詰められるという局面を体験した。今思えば、展示のための作家と講師の個人面談も、搬入のほぼ1カ月前に迫っていた。笑いが絶えない、テンションの高い面談だったのを鮮烈に覚えている。

 時間が足りない中では、躊躇せずにどんどん決断していく必要があるので、グループCの打ち上げ時に、グループAで作家だけでなくDMデザインも担当した宮野祐さんにグループDのDMデザインを依頼。ほっとしたのも束の間、展示タイトルを決めるという関門が待ち受けていた。叩き台の提案が却下され続けるうちに、自身も私塾の運営を通して美術教育の問題などに向き合い続けてきた梅津講師から驚きの本タイトル案『「美術は教育できるのか?」に対する切り込みと抵抗 THE MOVIE』が示された。一番のポイントは、「THE MOVIE」が付いている点で、しかもその映像を私が制作するという無茶振りである。だが、「THE MOVIE」を実際に制作し、展示会場の入口ど真ん中に設置した時に、初めて俯瞰的な目線が入ることに気づかされた。

+ その他の記事

映画作家&アロマ研究家。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事