ひら☆マン戦記(1)ひらめき☆マンガ教室、開講前夜|さやわか

ゲンロンα 2021年5月6日配信
第2回
第3回
 2017年からスタートし、現在第4期が開講中の「ゲンロン ひらめき☆マンガ教室」。歴代の受講生は、雑誌への読み切り掲載や連載、単行本刊行やマンガ賞の受賞など、数々の成果を上げています。

 その華々しい活躍を可能にした「ひらめき」のメソッドが生まれた背景には、主任講師であるさやわかさんの、人知れぬ戦いがありました。「人付き合いが得意ではない」と自認するさやわかさんが、なぜ受講生に徹底的に向き合い、コミュニケーションをとり続けることに決めたのか。その信念を守り抜くための苦闘を描く「ひら☆マン戦記」、第1回をお送りします(全3回)。(編集部)

 

 僕は他人が苦手だ。コミュニケーションがあまり得意ではない。

 そう言うと、みんな「またまた、ご冗談を」と笑う。なぜなら、僕はゲンロンカフェのトークイベントで明るく話したり、マスメディアに登場して顔をさらしたり、またシラスの自分のチャンネルでも、活発に配信を行っている。そんな奴が人見知りを自称するなど、みんなからすると片腹痛いというわけだ。

 だが本当に、僕は、人付き合いが得意ではないのだ。人間はしんどい。人と話すと、早く何か言わなきゃと思って、オロオロしてしまう。話したら話したで、もしかして変なことを喋ってしまったのではないかと思って、後でものすごく落ち込む。落ち込み続ける。引きずる。めちゃくちゃ疲れる。

 こんなことなら、家に引きこもって、ずっとゲームしてる方がいい。もちろん、オンラインゲームで誰かと対戦なんてしない。愚かなCPUたちの頭を、超望遠のスナイパーライフルでヘッドショットして全滅させるのが一番好きなのだ。

+ その他の記事

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。著書に『僕たちのゲーム史』、『文学の読み方』(いずれも星海社新書)、『キャラの思考法』(青土社)、『名探偵コナンと平成』(コア新書)、『ゲーム雑誌ガイドブック』(三才ブックス)など。編著に『マンガ家になる!』(ゲンロン、西島大介との共編)、マンガ原作に『キューティーミューティー』全5巻(LINEコミックス、作画・ふみふみこ)がある。近著に『世界を物語として生きるために』(青土社)。LINEマンガで『永守くんが一途すぎて困る。』(原作。作画・ふみふみこ)を連載中。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事