ひら☆マン戦記(2)波乱、そして奮起|さやわか

ゲンロンα 2021年5月14日配信
第1回
第3回
 2017年からスタートし、現在第4期が開講中の「ゲンロン ひらめき☆マンガ教室」。歴代の受講生は、雑誌への読み切り掲載や連載、単行本刊行やマンガ賞の受賞など、数々の成果を上げています。その華々しい活躍の背景には、主任講師であるさやわかさんの、人知れぬ戦いがありました。

 ひらめき☆マンガ教室第1期のはじまりに犯した「誤り」。そのほころびはやがて、「まごうことなき存亡の危機」と言うべき事態へとつながっていきます。その絶望的な状況で、手を差し伸べてくれたマンガ家たちの優しさに触れたさやわかさんは、ある決意をしました。スクール運営の苦闘を描く「ひら☆マン戦記」、第2回をお送りします(全3回)。(編集部)

 

 この時の、僕の判断が間違っていることが、今はよくわかる。もちろん、ひらめき☆マンガ教室をやると決めたこと自体は、間違っていない。そうではなくて、ここでの僕の完全なる誤りとは、やるかどうかの最終決定権を西島さんに預けたことだ。というより、預けるような振る舞いを見せた。

 もともと「学校」に関しては、講談社で立ち上げてからずっと、西島さんが主導的にやっているプロジェクトなのだと思っている人が多かった。今もそう考えている人がいるに違いない。僕はマンガ原作者でもあるけれど、自分ではマンガを描かないのだから、そう思われても当然だ。

 僕は、それに不満がなかった。自分はプロジェクトの代表ではなくとも、あるいは、コンビの二人ともが代表なのだと言いながらも、西島さんの脇で、コンセプトや、理論や、台本を作ればいいと考えていたのだ。それが我々の役割分担だと考えていた。

 だから僕は、ゲンロンでスクールをやるかどうかを「西島さんの判断を仰ぐ」という形で決めたのだ。東さんから声を掛けられた時、西島さんだけでなく、僕だってゲンロンでスクールがやりたいと思っていた。にもかかわらず僕は、実質的に中身を作っているのは自分だし、自分がやりたいことでもあるのに、中心人物になる責任を逃れようとしたのだ。

 しかもそれは、実は責任逃れにもなっていないのだ。西島さんは前述したように直感的に動く人であり、それゆえ西島さんの言動に人々が戸惑うことは過去何度もあった。けれども、みんな西島さんこそが「学校」の代表だと考えているのをいいことに、問題が起こっても「代表者なのに責任を取らない西島さんには困ったものだ」と周囲に思わせながら、結果的に僕が(もちろん西島さんも)責任を取らない仕組みを放置していたわけである。

 思えば僕は、もともと受け身の態度で仕事をすることが多かった。「学校」をやることになったのも西島さんに誘われたからだし、「描きたい人のための漫画術」も今井哲也さんの発案だった。

 僕は誰かに声を掛けられたら、その仕事を実際に動かすのは、それなりにできる。特に、その仕事全体の構造を捉え直したり、うまくいっていない部分を指摘したり、理論化やマニュアル化をするのは、うまい方だと思う。たとえば前述したように、西島さんの散発的なアイデアを含めながら「ひらめき」理論を完成させたのは僕だった。

 しかし、そこまで作り込んでいるのであれば、僕はその責任を自覚して、主体的にこの「学校」を切り盛りしてもよかったはずだ。ところが僕は、そうしようとはしなかった。そんな態度になっていた理由には、僕がどれだけこの「学校」に労力を掛けても、どうせ人々は西島さんが主体的にやっていると考えるのだろうという、拗ねた気持ちもあったに違いない。自分の役割に不満はなかったとはいえ、代表者然としても大していいことはないと感じていたわけだ。

 そうした体制の歪みは、実際に「教室」の講義が始まった2017年、すぐに問題化した。

+ その他の記事

1974年生まれ。ライター、物語評論家、マンガ原作者。〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉主任講師。著書に『僕たちのゲーム史』、『文学の読み方』(いずれも星海社新書)、『キャラの思考法』(青土社)、『名探偵コナンと平成』(コア新書)、『ゲーム雑誌ガイドブック』(三才ブックス)など。編著に『マンガ家になる!』(ゲンロン、西島大介との共編)、マンガ原作に『キューティーミューティー』全5巻(LINEコミックス、作画・ふみふみこ)がある。近著に『世界を物語として生きるために』(青土社)。LINEマンガで『永守くんが一途すぎて困る。』(原作。作画・ふみふみこ)を連載中。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事