ひろがりアジア(8) 現世を映す、タイの地獄表現|椋橋彩香

ゲンロンα 2021年8月17日配信

1.我々がイメージする「地獄」

 今、まさに世界は地獄のような状況だといわれている。新型コロナウイルスが猛威をふるい、先の見えない日々から未だ抜け出せていない。こうした終わりが見えない、逃げられない、見るに堪えない苦境を、現代の人々は比喩的に地獄──たとえば「通勤地獄」や「コメント欄が地獄」など──と称して、共通したイメージのなかに落とし込んでいる。罪人が熱々の釜で煮られたり、棘の木に登らされたり、閻魔様に舌を引っこ抜かれたりする、あの地獄だ。

 このようなイメージは、仏教の地獄思想を表象した地獄絵を通して現代に受け継がれている。日本における地獄思想は、しんそうげんしん(942-1017)が985年に著した『往生要集』により大成されたといわれる。

『往生要集』は多くの仏教経典のなかから極楽浄土に関するものを源信が撰別、編集したものだ。仏教の基本的な世界認識である「六道輪廻」、すなわち、人間は死後、生前のごうの結果として天道・人道・阿修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄のいずれかに輪廻転生する。つまり、我々が輪廻転生を繰り返して生きている世界は、どうしても苦しみがつきまとう。往生要集では、そのような苦しみに満ちた世界から離れ、浄土を目指す「おん」「ごんじょう」という思想が中心的に説かれている。

 この書物は仏教で説かれる善因善果、悪因悪果の思想をわかりやすく解説する目的をもっていた。8段階に階層化された「八大地獄」という世界観が示されており、それぞれの地獄で「○○をした者は、××を受ける」といった罪と罰が詳述されている。後に『往生要集』の描写をもとに幾多の地獄絵や六道絵などが描かれ、これらのイメージが日本における地獄表現の基盤となる【図1】。

 

【図1】地獄草紙 雨炎火石(安住院本)URL= https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Jigoku-Zoushi.jpg Public Domain
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1993年東京生まれ。地獄寺研究家。早稲田大学大学院文学研究科にて美術史学を専攻、タイ仏教美術における地獄表現を研究テーマとする。2016年修士課程修了。現在、同研究科博士後期課程在籍、および早稲田大学會津八一記念博物館助手。タイの地獄寺を珍スポットという観点からだけではなく、様々な社会的要因が複合して生まれたひとつの「現象」として、また地獄表現の系譜において看過することのできないものとして捉え、フィールドワークをもとに研究を進めている。著書に『タイの地獄寺』(青弓社、2018年)。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事