ウィトゲンシュタインの家族的類似性──「訂正可能性の哲学、あるいは新しい公共性について」(『ゲンロン12』)より|東浩紀

初出:2021年9月17日刊行『ゲンロン12』
『ゲンロン』の最新刊『ゲンロン12』が、先日、9月17日に刊行されました。
 冒頭部分の先行公開、その後の一部公開に続き、東浩紀による巻頭論文の一部を掲載いたします。わたしたちは「家族」の類型を逃れて社会を想像することはできない。ウィトゲンシュタインの「家族的類似性」を出発点に、「家族」の概念の再定義を試みます。全文は『ゲンロン12』をご覧ください。(編集部)

 

[……]

B 訂正可能性の共同体 ウィトゲンシュタインとクリプキ

4

 哲学は家族を否定し続けてきた。一方に家族的で私的で閉ざされた関係や制度があり、他方には家族を超えた公共的で開かれた関係や制度があると信じてきた。

 けれども、家族的なものと家族的でないものの区別はそれほど明確なものではない。

 しかもそのあいまいさは、たんなる論理的な不備ではなく、人間の思考そのものの限界である可能性がある。社会はたしかに家族よりも広い。にもかかわらず、ぼくたちはその社会なるものについて、結局のところ特定の家族類型に頼ることなしには想像できないのかもしれない。もしも共産主義が共同体家族のイデオロギーでしかなく、自由主義もまた絶対核家族が生み出したものでしかなかったのだとすれば、20世紀の長い冷戦はしょせんはふたつの「家族」の争いでしかなかったことになる。そのような可能性について、政治思想はいままでまったくなにも考えてこなかった。

 それゆえ、ここからさきは、家族という言葉について、いままでのような二分法に頼って語るのをやめたいと思う。つまり、家族という言葉を、「親密」で「閉鎖的」で「私的」な領域を名指すものとして使うのをやめて、むしろ、親密なものと親密ではないもの、閉ざされたものと開かれたもの、私的なものと公的なものを統一して規定するような、より上位の関係概念として捉えなおしたいと思う。

 ぼくたちは家族についてしか語れない。家族の外に出ることができない。いくら家族から離れても、そこにもまた家族を見出してしまう。だとすれば、そのさきに進むためには、家族の概念そのものを再定義する必要がある。

 あらためて根本から考えなおしてみよう。家族とはなにか。こんどは同じ哲学でも、プラトンやヘーゲルやポパーとはまったく異なったタイプの哲学を参照してみる。

+ その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

ゲンロン12より

NEWS

関連記事