アウトサイダーとして近代に迫る──大澤真幸×山本貴光×吉川浩満「〈われわれの時代〉を読み解く」イベントレポート

ゲンロンα 2021年10月12日配信
 2021年の5月と6月に、大澤真幸『〈世界史〉の哲学 近代篇』が二分冊として刊行された。「〈世界史〉の哲学」は2009年より『群像』で連載されており、これまでに『古代篇』『中世篇』『東洋篇』『イスラーム篇』『近世篇』の5冊の単行本としてまとめられている。本イベントは、4年ぶりの単行本化となる『近代篇』の刊行を記念して行なわれた鼎談である。

 

 

 イベントが本題に入る前に、『近代篇』2冊だけで1000ページを超える「〈世界史〉の哲学」の大部ぶりがまず話題に上がった。大澤は「『ねじまき鳥クロニクル』と同じようなもので、分量のわりには読みやすいはず」と笑う。たしかに大澤の本は本格的な内容にもかかわらず読みやすい。

 山本はその理由を次のように分析する。大澤の本では、まず謎が提示され、その後に一見なるほどと思われるような「擬似解答」が与えられる。しかし、すぐに解答への疑義が鋭く差し挟まれ、そのような解答が流通する社会自体が分析の対象となっていく。どんでん返しに次ぐどんでん返しで探求が深められていくから、面白く読めてしまうのだ、と。

 このイベントはそんな大澤の哲学の、恰好の手引きとなるものだった。「大澤さんの本については、大澤さんの解説が一番わかりやすい」と吉川が指摘するとおり、『近代篇』の核となる言説や概念について、具体例をふんだんに交えながら、大澤自らわかりやすく解説をするものとなっている。

 なお、『近代篇』の手引きとしては、本イベントに加え、『群像』2021年10月号に掲載されている吉川の書評「後ろ向きの予言書『〈世界史〉の哲学 近代篇』を読む」を読むとより理解が深まる。併読をお薦めしたい。


 
 シラスでは、2022年3月1日までアーカイブを公開中。ニコニコ生放送では、再放送の機会をお待ちください。

大澤真幸×山本貴光×吉川浩満「<われわれの時代>を読み解く──『〈世界史〉の哲学 近代篇1』&『近代篇2』刊行記念」
(番組URL=https://genron-cafe.jp/event/20210901/

 

+ その他の記事

1984年生。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。ゲンロン佐々木敦批評再生塾第二期・三期修了生。学習塾経営の傍ら文筆活動を行う。旅の批評誌『LOCUST』編集部。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事