ホーム 著者 #

高橋源一郎

1951年生まれ。作家。1981年「さようなら、ギャングたち」で群像新人長編小説賞優秀作を受賞してデビュー。著書に『優雅で感傷的な日本野球』(1988年、三島由紀夫賞)、『日本文学盛衰史』(2001年、伊藤整文学賞)、『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』(2005年)、『さよならクリストファー・ロビン』(2012年、谷崎潤一郎賞)、『ゆっくりおやすみ、樹の下で』(2018年)、『今夜はひとりぼっちかい?』(2018年)ほか多数。