ゲンロンカフェ選書コメント(3)|上田洋子

ゲンロンα 2021年3月19日配信
 2020年8月のゲンロンカフェリニューアルに際して、ゲンロンやゲンロンカフェに馴染みの深いみなさまに、カフェの本棚に置く書籍を選書いただいています。本記事では、ゲンロン代表、上田洋子の選書リストと選書コメントを公開します。ロシア文学から日本の戯曲まで、これまでに鮮烈な読書体験を与えてくれた書籍をご紹介。思わず気合いの入りすぎてしまった、本をめぐる6000字のエッセイをお楽しみください!
 ほかの選書者によるリストはこちらからご覧いただけます。

■ 上田洋子

No.書籍名著者出版社
1セカンドハンドの時代
──「赤い国」を生きた人びと
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ著、松本妙子訳岩波書店
2瞳孔の中
──クルジジャノフスキイ作品集
シギズムンド・クルジジャノフスキイ著、上田洋子、秋草俊一郎訳松籟社
3ヴェネツィア・水の迷宮の夢ヨシフ・ブロツキー著、金関寿夫訳集英社
4劇的なるものをめぐって
──鈴木忠志とその世界
早稲田小劇場+工作舎編工作舎
5ヴィルヘルム・マイスターの修業時代(ゲーテ著、山崎章甫訳岩波文庫
6白痴(ドストエーフスキイ著、米川正夫訳岩波文庫
7ねこのおうち柳美里河出書房新社
8ドストエフスキーの詩学ミハイル・バフチン著、望月哲男、 鈴木淳一訳ちくま学芸文庫
9プッシー・ライオットの革命
──自由のための闘い
マリヤ・アリョーヒナ著、上田洋子監修、aggiiiiiii訳DU BOOKS
10トム・ストッパード(1)
コースト・オブ・ユートピア──ユートピアの岸へ
トム・ストッパード著、広田敦郎訳ハヤカワ演劇文庫
11戦争と平和(1234・5・6)トルストイ著、望月哲男訳光文社古典新訳文庫
 

【上田洋子による選書コメント】

 書棚に並んでいる本たちには雑多なものが蓄積されています。物語、事実や歴史の記録や改変、思想、宗教、数式、料理のレシピや動物の骨格、美的価値観の提示、そして時空を超えた複数の読み……。わたしは子どもの頃から図書館が大好きでした。考えてみると、ものとしての本や、本を読むという行為だけでなく、本の詰まった書棚から背表紙だけをみて本を選び、取り出すという行為がすでに好きなのかもしれません。本を開いてみたとき、その本を借りたいのかすぐに判断できなくて、しばらく読んでいるうちに、気づいたら止まらなくなっていたりするあの感覚も。

 今回はわたし自身がこれまでの人生で夢中になって読み、読んだときの感覚がいまだに残っている本から何冊かを選びました。読書の後に残るものは本の内容だけではない。「夢中で読んだ」という身体的な感覚も、何十年を経ても忘れないものです。

 ここに紹介したのは、わたしの専門であるロシア文学、そして演劇を中心に、人生における強烈な読書体験として記憶に残っている本たちです。なお、リストの順番と、ここでの紹介順は対応していません。

 

 ベラルーシのノーベル賞作家アレクシエーヴィチの『セカンドハンドの時代』は、旧ソ連地域のさまざまな出自のさまざまな人々へのインタビュー集です。複数の民族からなる大国・ソ連が崩壊した後、人々が味わった喪失感や開放感、変化へのとまどいや歓迎、国が分かれて露呈した民族対立や差別などが、ひとりひとりの日常とともに描かれています。本書は1991年から2001年、2002年から2012年の二部構成になっています。つまり、ソ連崩壊直後の混乱の10年と、社会が少しずつ落ち着いていくつぎの10年に、それぞれその時代を生きる人々の思いが、率直な普段使いの言葉で語られているのです。たくさんのエピソードの中には、現在のアルメニアとアゼルバイジャンの対立の理解につながるような、虐殺の話も混ざっています。

 タイトルの「セカンドハンド」は、生活様式が一変する経験をした人間の喪失と回復を描く上でキーワードとなっています。ソ連崩壊後は経済が混乱し、そこで流通する衣類や家具、車などはセカンドハンド=中古がほとんどでした。わたし自身も1995年のペテルブルグ留学では蚤の市で安く買ったムートンのコートで極寒の冬をしのぎ、また2000年のモスクワ留学では、「手から手へ Из рук в руки」という新聞版メルカリみたいなものを介して中古の棚を手に入れたりしていました。けれども、当時の旧ソ連圏にとって中古だったのは、具体的な「もの」だけでしょうか。ずっと禁止されていた欧米文化、それに経済体制もやはり、他者がすでに使い古したものだったはずです。だから、『セカンドハンドの時代』は、他者のお古を活用することで、生活やアイデンティティを取り戻そうと努力している人々の記録だといえるのではないかと思います。国家という概念が人間にどういった意味を持つのか、ひとりひとりの人生のディテールから考えさせられる本でした。

+ その他の記事

1974年生まれ。ロシア文学者、ロシア語通訳・翻訳者。博士(文学)。ゲンロン代表。著書に『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β4-1』(調査・監修、ゲンロン)、『瞳孔の中 クルジジャノフスキイ作品集』(共訳、松籟社)、『歌舞伎と革命ロシア』(共編著、森話社)、『プッシー・ライオットの革命』(監修、DU BOOKS)など。展示企画に「メイエルホリドの演劇と生涯:没後70年・復権55年」展(早稲田大学演劇博物館、2010年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事