アンビバレント・ヒップホップ(1) 反復するビートに人は何を見るか|吉田雅史

初出:2016年04月15日刊行『ゲンロンβ1』


1. はじめに


 筆者とヒップホップの出会いは、1980年代末に遡る。当時、X、BUCK-TICKや筋肉少女帯、Van HalenやMetallicaなど国内外のロックに魅了されていた耳にも、Run-D.M.C.やPublic Enemyのギターやノイズをサンプリングしたサウンドはアピールするものだった。以来、単に音楽としてのそれを享受するだけでなく、様々な場面で、ヒップホップ的な価値観を参照してきた。そしていつしかリスナーの立場だけでなく作り手の立場でもコミットするようになると、レコード屋に週7日は通い、ビート制作のため、それらのレコードやサンプラーと夜を明かし、ペンとノートを携え深夜の街を徘徊しながら言葉を捻り出し、同志を見つけて桃園の誓いを交わし、自腹を切ってレコードをプレスし、ライブで色々な土地を回り、多くの人々と出会い、音と出会いながら、少なからず情熱を傾けてきた。

 2015年にゲンロン×佐々木敦の批評再生塾第1期の開講が発表され、3月20日に特設サイトが立ち上げられた。筆者は自身でも何をしようとしているのか分からないままに、同時に何も迷うことなく、サイト上で申し込みのボタンをクリックしていた。この時点では、ヒップホップについての文章を書く気はなく、寧ろ避けて通ろうとしていた。最初から自身の得意分野で臨むことには一種の抵抗を感じていたからだ。しかし約1年後、最終課題で日本語ラップについての論考を提出することとなった。1998年に東浩紀の『存在論的、郵便的』に魅了されていたとき、同じように心奪われたのがTHA BLUE HERBの「知恵の輪」★1であったことを思い起こせば、それは必然だったのかもしれない。






★1 ラッパーのBOSS THE MCとビートメイカーのO.N.Oによる北海道出身のグループが1998年にリリースした2枚目の12インチシングル。
★2 本来は、個人の寝室でPCを使って録音・制作される(いわゆる宅録)音楽を指すが、ここでは、聞き手がベッドルームで楽しむ音楽のこと。
★3 身体的な反応を引き出すダンスミュージックに対して、頭の中で楽しまれるタイプの音楽。
★4 Beats Per Minuteの略語。1分間に何度拍を打つかを数値化したもので、楽曲のテンポを指す。
★5 1988年に、MCのQティップ、ファイフ、ジェロビ、DJのアリ・シャヒードにより結成された。ジャズを始めとする多様なサンプリングネタをトレードマークにし、デ・ラ・ソウル、ジャングル・ブラザーズらと共に、それまでのマチスモに依拠したヒップホップのイメージを覆したアーティストの共同体である「ネイティヴ・タン」を代表するヒップホップグループ。
★6 椹木野衣『テクノデリック――鏡でいっぱいの世界』集英社、1996年、159‐160頁。
★7 グルーブを言葉で定義するのは困難だ。ここでは椹木の言うところの黒人音楽特有のノリを指しているが、これが具体的にどんなものなのかは今後の連載で示したい。


その他の記事

1975年生。批評家/ビートメイカー/MC。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉初代総代。MA$A$HI名義で8th wonderなどのグループでも音楽活動を展開。『ゲンロンβ』『ele-king』『ユリイカ』『クライテリア』などで執筆活動展開中。主著に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之氏、磯部涼氏との共著、毎日新聞出版)。翻訳に『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』(ジョーダン・ファーガソン著、DU BOOKS)。ビートメイカーとしての近作は、Meiso『轆轤』(2017年)プロデュース、Fake?とのユニットによる『ForMula』(2018年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ