浜通り通信(37) 飛露喜と泉川、ブランドとコモディティ|小松理虔

初出:2016年04月15日刊行『ゲンロンβ1』

 4月の頭、鎌倉に遊びに行き、友人に誘われて入った立ち飲みバーで、こんなことがあった。たまたま隣にいた男性に福島から来たことを告げると、「福島のどちらですか? 浜通りですか?」と聞かれたのだ。他県の方から「浜通り」などという言葉が出てくるのは珍しい。福島、とりわけ震災や原発事故に関心のある方なのだろう。続く会話が楽しみになった。

 私が、浜通りのいわきからやって来たと返答すると、「東浩紀の『福島第一原発観光地化計画』って知ってますか?」と、その方は話を続けた。「あの本、面白いですよね」とその方が言うので、「廃炉の現状とかも伝えられますしね、やっぱ観光っスよねえ」などと気軽に返していると、思いがけない一言が。「そういえば、いわきに小松さんって方がいますよね。うみラボ★1ってすごくいい活動やってる人なんですよ、知ってますか?」と。

 あ、それ私です(照れながら)。

 まさか鎌倉の立ち飲みバーでそんな方に会うとは。その方は東京で仕事をしているアートディレクターだそうで、名刺を頂きつつ、お互いの興味関心を話すなかで共通の知人が見つかったりと、世間の狭さを痛感させられた。フクイチ本も読んでらっしゃって、福島全体に関心を寄せるなかで私の存在を知ってくれたらしい。

 自分たちの活動がナントカ賞を獲ることより、初めて訪れる飲み屋で、こういう方に出会い、酒を飲みながら福島の話ができることのほうが何倍もうれしいものだ。昨年末の「ゲンロン友の会総会」でも本当にたくさんの人とお話することができたけれど、結局は「人と人」。ああ、こういう瞬間のためにメルマガ書いてんだなあと、改めて喜びをかみしめた次第である。

 今号から『ゲンロンβ』となった本メルマガ。この「浜通り通信」は、批評からは遠く離れたものではあるけれども、鎌倉の立ち飲みバーで出会った方のように、届いている人がきっといるはずだ。これまでと変わらず、自分の目線で浜通りの話題をお届けしようと思っている。この「浜通り通信」が、皆さんと福島をゆるく繋げる、小さな「ゲートヴィレッジ」になれたら幸いである。

 さて、今回の話題だが「酒」である。

★1 (編註)小松理虔氏が有志とともに運営している「うみラボ」こと「いわき海洋調べ隊うみラボ」は、福島第一原発沖の海洋調査プロジェクト。「浜通り通信 #36」(『ゲンロン観光通信 #10』)には最新調査報告が掲載されている。
 最新の活動情報については、下記公式ブログを参照されたい。「いわき海洋調べ隊『うみラボ』活動のきろく


NEWS

連載

ゲンロンβ