演劇とは「半々」である――『ブルーシート』と虚構の想像力(前篇)|飴屋法水+佐々木敦

2016年06月10日刊行『ゲンロンβ3』

 本稿は飴屋法水さんと佐々木敦さんの対談「演劇とは『半々』である――『ブルーシート』と虚構の想像力」から、一部を抜粋して掲載するものです。対談「演劇とは『半々』である」は、今年4月にゲンロンカフェにて開催されたトークイベント、「ニッポンの演劇 #3 なにが演劇なのか――パフォーマンスの『正体』をめぐって」★1をもとに構成されたものであり、対談の全文は、2017年6月に刊行された『ゲンロン5』演劇特集「幽霊的身体」に掲載されております。ぜひこちらもご覧ください。(編集部)

 
佐々木敦 ぼくはゲンロンカフェで「ニッポンの演劇」というシリーズを担当しています。現在、日本の演劇シーンでは、70年代から2010年代まで、長い年月のあいだに登場した演劇人たちが群雄割拠状態でしのぎを削っているかに見えます。このシリーズでは、ニッポンの演劇の独自性はどこにあるのか、その可能性と抱える問題はいかなるものなのか。毎回キーパーソンをお迎えしてお話をうかがっています。1回目はチェルフィッチュの岡田利規さん、2回目はハイバイの岩井秀人さんをお迎えしました。3回目の今日は飴屋法水さんにお話をうかがいます。

 飴屋法水さんは1961年生まれ、演劇を始めたのは唐十郎の状況劇場に参加した17歳のときです。その後、劇団「東京グランギニョル」を立ち上げ、オブジェと身体、血糊を駆使したスペクタクルな作品を発表します。劇団は2年で解散、飴屋さんは活動の場を現代美術に移し、レントゲン藝術研究所を中心に、希望者に精子を提供してもらって展示し、観客とのあいだで人工授精を募る『パブリックザーメン/公衆精子』など、非常に過激な作品を作られています。その後、ペットショップ「動物堂」の運営などを経て、飴屋さんが演劇に戻ってくるのは2007年。SPACの宮城聰さんのプロデュースで行われた平田オリザさんの戯曲『転校生』の上演でのことでした。新しい演劇のかたちを世に問い続ける飴屋さんの作品は高い注目を集め、2014年にはいわきの高校生たちと作った作品『ブルーシート』が岸田國士戯曲賞を受賞しています。

 長く豊かな、そして魅惑的に錯綜したキャリアをお持ちの飴屋さんですが、その表現を貫いているのは「演劇」だと思います。実際、飴屋さんご自身が何度となく、自分のやっていることは、ほとんどそう見えないかもしれないものも含めてなにもかもが「演劇」なのだ、と発言しています。

 では、そもそも「演劇」とはいったいなんなのか。今日はあらためて飴屋さんにこの原理的かつアクチュアルな問いをぶつけてみたいと思っています。

【図1】ゲンロンカフェ壇上でのふたり。飴屋法水さん(右)と佐々木敦さん(左)。 撮影=編集部

出会ってしまうこと


佐々木 まずは『ブルーシート』についてお聞きします。『ブルーシート』は飴屋さんが2013年に福島県立いわき総合高校の生徒たちと作って、翌年の岸田國士戯曲賞を受賞した作品です。いわき総合高校では授業に演劇が取り入れられていて、さまざまな演劇人が招聘されて高校生と作品を作っている。この作品もそのひとつでした。それが昨年のフェスティバル/トーキョー★2で、2年前の初演とほぼ同じキャストで再演されました。ぼくは台本は以前から読んでいたのですが、初演には行くことができなくて、再演ではじめて見ました。

 この作品の制作プロセスは、どのようなものだったのでしょう。この時期にいわきの高校生とやるということで、3.11の問題は避けて通ることができなかっただろうと思います。なにが作品の始まりにあり、どのように作業が進んだのか。

飴屋法水 具体的なきっかけは、平田オリザさんからお話をいただいたことです。「この時期空いてる?」って言われて、「空いてます」って答えたら「じゃあいわきでやんなよ」と。10年くらいまえに久しぶりに演出の仕事をしたのが、さきほど佐々木さんからご紹介があったように平田さんの『転校生』でした。『転校生』は静岡の高校生たちとやった作品で、平田さんはそれを覚えていてくださった。ぼくがいわきで作品を作る動機は、そうやって外から発生したものです。

 それで現地に行ったら、この子たちとやってくださいと生徒10人を紹介された。演出を頼まれていたので「なにを演出しましょうか」と言ったら、「いやいや飴屋さん書くんですよ」って言われて、「えーっ」と(笑)。だから、そもそもぼくが書くということも決まっていたわけじゃないんです。

佐々木 平田さんの『転校生』も、いわき総合高校の同じプログラムの枠で2005年に上演されたそうですね。しかし『転校生』は80年代の作品で、戯曲が先にあった。飴屋さんの場合は、戯曲もなかったんですね。

飴屋 いっしょに作るとはどういうことかと尋ねてみると、10人全員を役者として舞台に出すことだと言うんです。でも演劇は役者だけのものじゃない。照明や音響などのスタッフワークもありますね。けれどもこの場合は、舞台に立ちながらなにかを学習することが演劇とされていた。はじめて学校に行ったときは、まだ引っかかりを覚えていました。

 そんなとき、演劇の練習にあてられた部屋のとなりが理科室で、廊下に人体模型があるのを見つけた。あっと思って、これも出していいですか、と。コロコロコロって持ってきて、11人目の出演者にしました。のち「神経くん」と呼ばれることになる、神経とか血管とかが見える模型です。この子も役者として使うという条件で、11人でやるってことならいいですよと答えたんです。それで自分のなかでなにかが腑に落ちた。ここがスタートだったと思います。

佐々木 そして、10人と模型と飴屋さんの12人で作っていった。戯曲ではいまの高校生の言葉が使われていますが、これはオリザさんの現代口語演劇を意識したんでしょうか。

飴屋 ぼくは自分のメソッドだと説明できるようなものはとくに持ってないし、演劇としての新しい方法論という意識もぜんぜんない。戯曲を書くにしても、ひとが舞台の上でなにかは喋ってます、っていう、それくらいの大雑把なことしかない。そこで、舞台にだれが立つことになるのか、それをひとつの条件として、このひとはなにか言ったりするんだろうな、動くんだろうなと考える。それだけです。そのときに、あるヴィジョンというか、絵柄が訪れはする。

『ブルーシート』では、「ヒッチーくん」という、当時髪をおかっぱにしていた男の子がいました。ぼくは彼のことをしばらく女の子だと思っていたんですが、あるとき「あ、男だったんだ」という体験があった。そこで、彼が周りにおまえ男か女かはっきりしろと責められて、いや自分はそれ以前だと答えるという絵柄が突然浮かんだ。では「それ以前」というのはどういうことなんだろうと考えて、言葉が連なっていく。そういうことの繰り返しです。ある絵が突然浮かぶというのは、夢を見ることに近い。夢というのは見ようとは思わないでも見ちゃうものですよね。事故みたいな感じです。

佐々木 それは映像として浮かぶのですか? 舞台の一部として。

飴屋 ちゃんとしたシーンとして浮かんでるわけじゃないけど、まあそうです。で、見ちゃったからには、夢に出てきちゃったからにはしょうがないという考え方をしています。

【図2】『ブルーシート』2013年、いわき総合高校校庭での初演より。 写真提供=飴屋法水


★1 飴屋法水×佐々木敦「ニッポンの演劇 #3 なにが演劇なのか――パフォーマンスの『正体』をめぐって」 http://genron-cafe.jp/event/20160413/
★2 2009年から東京都で開催されている国際演劇祭。通称F/T。初年度の2009年のみ春と秋の2回行われ、以後は年1回秋に開催されている。1988年から2008年まで開催されていた「東京国際芸術祭」を前身とする。初回から2013年まではアートプロデューサーの相馬千秋がディレクターに起用され、演劇のジャンルを揺るがすような実験的な作品が多く上演された。2014年からは、東京国際芸術祭のディレクターであった市村作知雄が相馬の後を引き継いだ。運営母体となっているのはNPO法人アートネットワーク・ジャパン。飴屋法水は『転校生』(2009年春)、『4.48 サイコシス』(2009年秋)、『わたしのすがた』(2010年)、『宮澤賢治/夢の島から』(2011年、ロメオ・カステルッチとの共同制作)、『ブルーシート』(2015年)でF/Tに参加している。