批評再生塾定点観測記(1) 導入・批評・媒体|横山宏介

初出:2016年8月12日刊行『ゲンロンβ5』

 自己紹介から始めよう。私は〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉第1期の修了生で、ここで「観測」される2期生たちの先輩にあたる。ゲンロンが主催する「ゲンロンスクール」のひとつである批評再生塾は、批評家の佐々木敦を主任講師に迎えた、新たな批評の書き手/読み手の育成を目的とするプログラムだ。私は昨年度にその課程を終え、今期の模様を観測・報告するという任を与えられ、こうして文章を書いている。

 ところで、「先輩」というのは奇妙な立場である。教師でもないのに偉そうで、同級生でもないのに馴れ馴れしい。かといって、完全な部外者でもないので邪険にもできない。先輩に対してタメ口か敬語かという葛藤は、その距離感の危うさをあらわしている。

 その危うい距離感は、批評家という立場のそれに似ている。

 僕は、批評は「外から目線」だと思う。批評は常に、内輪の言説にどうやって抗うかが命で、どのジャンルに対しても、外からの視線を持とうとすることが重要だ。けどそれは、そのジャンルと無関係に、無責任に外側からやって来て、中で起きていることを面白がって書き、飽きたら出て行くということではない。

 これは第1期の初回講義における、佐々木の言葉だ。批評家は「内輪」には属さないが、決して「無関係」な、完全な外野ではない。そんな内側でも外側でもない「外」とはまさに、先輩が属する微妙な領域である。だからここでは批評再生塾第2期の模様を、先輩=批評家の奇妙な立ち位置から、外に/内に向け発信していく。その身振りは、多分に「偉そう」なものになるだろうが、ご笑覧いただければ幸いである。

 その前準備として、批評再生塾の概要を紹介しよう。基本的には「課題提出」と「講義&プレゼン」がセットになった得点レースである。まず、毎回1人招かれるゲスト講師★1から出された課題が、web上で発表される。総勢40名の塾生たちは、これに応える4000字程度の批評文を、2週間以内に提出する(この時点で提出者には提出点1点が付与される)。

 期日の翌週には「講義&講評」がある。前半はゲスト講師による講義であり、後半では事前に佐々木が選出した優秀論文の筆者3名が、自身の論稿の特長をプレゼンテーションする。提出論文にそのプレゼンの出来を加味し、10+その回の未提出者数の点数が、佐々木とゲスト講師により登壇者3人に割り振られる。ニコ生で無料放送されるこのプレゼンは、批評再生塾の醍醐味である。塾生は衆人の、そして講師の目に晒される中、圧に負けず説得的な発表を行わなくてはならない。講師からは、歯に衣着せぬ評価と質問が飛び、順位が画然と決する。塾生にとって得難い体験であるのはもちろん、緊迫した雰囲気での応答は、ショーとしても非常に面白い。


★1 その顔ぶれは批評再生塾公式サイトで確認できる。


NEWS

連載

ゲンロンβ