「幽霊的身体を表現する」開催にあたって|東浩紀

初出:2016年9月9日刊行『ゲンロンβ6』
 今号(ゲンロンβ6)配信日の翌日、9月10日[土]から2泊3日間、「幽霊的身体を表現する」をテーマにゲンロンスクール初の試みである〈ゲンロン 利賀セミナー 2016〉を開催する。会場は演出家の鈴木忠志さん率いる劇団SCOTの本拠地として知られる、富山県南砺市の利賀芸術公園。今号は「観(光)客公共論」は休載し、本セミナー受講生に配布されるプログラムより東浩紀の文章「開催にあたって」を転載、加えて東がセミナー前に講師陣に送付した企画書を一部転載する。(ゲンロン編集部)

 

セミナー開催にあたって(プログラムより)

 このセミナーは「幽霊的身体を表現する」と題されています。

 幽霊(revenant)は、ぼくが学生のころに研究した、フランスの思想家ジャック・デリダの主要な概念──というより隠喩──のひとつです。デリダの哲学では、幽霊は「現前と非現前のあいだにあるもの」および「回帰 revenir するもの」という含みをもっています。現実には存在しないはずなのだけれども、頭から離れず執拗に回帰し、結果として現実にも影響を与えてしまう非実在の存在、それが「幽霊」です。

 ぼくはこのセミナーで、そんな概念を、演劇が、というよりも広く身体表現が、いかに現代社会の諸相を捉えるかという問いへと接続したいと考えました。

 ぼくたちはかつて、幽霊に取り憑かれることを避けるためにこそ、昼の光のもとに集い、顔と顔をつきあわせ、現実を作り上げていました。けれども現代においては、身体は、もはやそのような「悪魔払い conjuration」の機能を果たせないように見えます。現代人の身体は、幽霊の回帰に深く侵食され、そしてその侵食はますます深刻になっている。言い換えれば、ぼくたちは、もはや、現前する身体だけでは現実を構築できなくなっている★1

 ぼくがここで念頭に置いているのは、みなさんご推察のとおり、まず第一に、仮想的で記号的な諸文化、インターネット上の記号人格(キャラクター)を介したコミュニケーションやVR(仮想現実)/AR(拡張現実)といった新たな技術の台頭の問題です(そういえば『ポケモンGO』はまさに幽霊探しのゲームではないでしょうか?──利賀村にはおそらくポケモンはほとんどいないでしょうが)。けれどもそれだけでもありません。たとえば、ぼくには、昨年話題になった、国会前で拳を振り上げ、音楽とダンスによって身体性をふたたび政治の場にもちこんだものとして高く評価された新世代の社会運動、彼らのすがたもまた、「民主主義」という名の幽霊に取り憑かれた、いわば半現前の存在のように思われてならないのです。彼らが信じる大衆動員の現実(アクチュアリティ)は、とても儚く脆く、夢のように過ぎ去るものでしかありません。

 このセミナーの目的は、そのような幽霊に侵食された身体/現前を、いかに表象し言語化するか、そしてそのうえで新たな時代の「悪魔払い」をどのように──もしそれが必要なのだとしたら──設計し実装するか、身体表現の実践者と理論家の方々をお招きして多角的に考えることにあります。

 幽霊と身体のねじれた接続。不在の影のもとでの現前の再構築。それは言うまでもなく、演劇の歴史において、とりわけ日本の身体表現の歴史において、じつに古くから練り上げられてきた問題です。わたしたちは「いまここ」だけを生きているのではない。過去も、未来も、遠くの「どこか」も同時に生きている。舞台とはまさにその多層のリアリティがモノとして凝縮する場なのだとすれば、演劇の知の蓄積は、いままさに21世紀の社会を捉えるため召喚されるべきなのかもしれません。

 お招きした講師のみなさまは、それぞれの領域で、幽霊と身体の関係について考え抜かれてきたとぼくが信じる方々です。受講生の方々が、3日間の講義とワークショップで、それぞれの関心領域でなにかをつかんでいただければ主催者として大きな喜びです。

+ その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(河出書房新社)、『ゲンロン戦記』(中公新書ラクレ)ほか多数。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事