批評再生塾定点観測記(2) 趣味・漫画|横山宏介

初出:2016年9月9日刊行『ゲンロンβ6』

第4回「一人称を略奪して書け」!

 先輩は凹んでいる。批評再生塾第2期の課題提出者数が、第4回にして17人にまで落ち込んでしまったのだ。第1期が同じ人数にまで減ったのは第8回のことで(しかもその後やや持ち直した)、減少の早さは明らかである。オブザーバーとしては早急に原因を探り対策を打つ必要があるが、今回の課題が突出してハードルが高かったわけでもない。後輩を焚きつける術に頭を悩ませるのは、先輩という存在の宿命なのかもしれない。

 と、いきなり愚痴めいてしまった。気を取り直すべきだろう。が、あえて気を取り直さないまま進めてみたい。率直に言って私は今回、提出者数だけでなく、提出された文章のクオリティにも、満足いっていないのだ。

 とはいえ繰り返せば、今回の課題が難問だったというわけではない。出題者は五所純子。テーマは「一人称を略奪して書け」★1。出題文中に示されているとおり、「登場人物の気持ちになって作品を考えましょう」という課題だ。前回の大澤聡の課題が実在の批評家の文体といった形式の模倣を求めるものであったのに対し、今回は作品の中の架空の登場人物が考える内容を模倣するという点で、奇しくも対となる課題が出たと言えるだろう。

 だがここで、五所はひとつ注意を促している。それは「作中人物の気持ちを考える」のと、「登場人物の気持ちになって〇〇を考える」のは違うということだ。だから厳密には、上で内容を模倣すると書いたのは誤りである。真に要求されているのは、作中人物の思考の形式の模倣に他ならない。にもかかわらず私見では、この陥穽に落ちた論稿が多かった。
 

ゲスト講師の五所純子(右)と佐々木敦(左)。五所は全提出作を読み込み、登壇者以外の論稿にもコメントを送った
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1991年生。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾第一期優秀賞。批評再生塾TAを経て、ゲンロン編集部所属。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事