大澤聡+佐々木敦+さやわか+東浩紀「ゼロ年代以降に批評はあったのか」イベントレポート|田村正資

初出:2016年10月07日刊行『ゲンロンβ7』

 聴衆の目の前で、大胆なフィクションが立ち上がっていく。観客へと送り届けられたフィクションは、乾いた喉から絞り出される、手探りの質問となって登壇者へと跳ね返る。するとまた、どこかはぐらかされたような、それでいて誠実さの滲んだ回答が返ってくる。イベント終盤の盛り上がりは、全編を通じて示された「批評とは、ある種のフィクションを立ち上げる営みである」「批評のアイデンティティは、実在性を持った読者=観客によって規定される」という主張を、登壇者と聴衆が実演してみせているかのように筆者の目には映った。「親鸞」と「日蓮」という二極のグラデーションで現代の思想を整理してみせようとする批評的な試みが持つスリリングな面白さと、登壇者と聴衆とのあいだの(ときにちぐはぐな)コミュニケーションの在り方は、少なからず批評とその読者の「未来」に関わっている。イベントの終盤に実現した「フィクションの創造」と、「書き手」と「読み手」のコミュニケーション。このふたつが批評の「未来」にどのように関わっているのか、それを考えるためには、イベントを通じて語られた批評の「現在」について振り返る必要があるだろう。

 本レポートでは、去る2016年8月14日、ゲンロンカフェにて行われ、上記のような熱気と予感に包まれて幕を下ろしたトークイベント「ゼロ年代以降に批評はあったのか――『現代日本の批評』2001-2016を収録直後の討議メンバーが語る批評の15年」を紹介する。このイベントは、『ゲンロン4』(2016年11月刊行)に掲載予定の共同討議「平成批評の諸問題 2001-2016」の参加メンバーを招いて開催された。批評誌『ゲンロン』でシリーズ化されている一連の特集「現代日本の批評」の核であるこの共同討議★1は、1975年から2016年現在までの日本の批評を、3つの時期に区切って全3回の討議で辿り直し、批評史年表を作成する試みである。そして、シリーズの最終回となる第3回の討議メンバーが、収録の翌日に、語り残したことをゲンロンカフェで語り尽くす、というのが本イベントの趣旨である。なお、イベントは23時ごろまで続き、語られた話題も多岐にわたっているので、割愛させて頂いた部分も数多くあることをご了承願いたい。

★1 第1回共同討議「昭和批評の諸問題 1975-1989」、第2回共同討議「平成批評の諸問題 1989-2001」は、それぞれ『ゲンロン1』『ゲンロン2』に掲載されている。


NEWS

連載

ゲンロンβ