人文的、あまりに人文的(7)『人生談義』『初期ストア哲学における非物体的なものの理論』|山本貴光+吉川浩満

初出:2016年11月11日刊行『ゲンロンβ8』

古代ローマ時代の人生相談

エピクテトス『人生談義』上、鹿野治助訳、岩波文庫、1958年
 

吉川浩満 前々回はモンテーニュの『エセー』新訳完結を祝って、前回はパスカルの『パンセ』新訳の完結を祝いました。

山本貴光 これからもどんどん祝っていきたいね。前回パスカルをとりあげたのは、彼がモンテーニュの愛読者でもあったからなんだよね。

吉川 そうそう。今回はさらに歴史をさかのぼって、モンテーニュとパスカル共通の愛読書をとりあげてみよう。

山本 というわけで、エピクテトスの『人生談義』をご紹介します。これは非常に面白い本で、吉川くんと私がずっと愛読している本でもあります。エピクテトスは、紀元1世紀から2世紀頃、ローマ帝政時代の「ストア派」と呼ばれる哲学者のひとり。出自がとても変わってる。

吉川 うん、奴隷から哲学教師になったんだよね。

山本 かっこいい。

吉川 学校を開いたところ大好評で、各地から生徒が集まったらしい。

山本 エピクテトスは、かのソクラテスと同じで書き物を残さなかったけれど、弟子たちにいろいろな教えを説いた言行録が残っている。それをまとめたものが、この『人生談義』という本。書いたのはアッリアノスという人で、『アレクサンドロス大王東征記』ほか、これ以外にもいろいろな本も書いている。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1971年生まれ。文筆家・ゲーム作家。コーエーでのゲーム制作を経てフリーランス。著書に『投壜通信』(本の雑誌社)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文体の科学』(新潮社)、『世界が変わるプログラム入門』(ちくまプリマー新書)、『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎との共著、ちくまプリマー新書)、『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満との共著、太田出版)、『サイエンス・ブック・トラベル』(編著、河出書房新社)など。翻訳にジョン・サール『MiND――心の哲学』(吉川と共訳、ちくま学芸文庫)、サレン&ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ。ニューゲームズオーダーより再刊予定)など。

+ その他の記事

1972年生まれ。文筆業。国書刊行会、ヤフーを経て、現職。関心領域は哲学・科学・芸術、犬・猫・鳥、卓球、ロック、単車、デジタルガジェットなど。著書に『理不尽な進化』(朝日出版社)、『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(河出書房新社)、共著に『脳がわかれば心がわかるか』(太田出版)、『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。』(筑摩書房)など。近刊に「ゲンロンβ」の連載を書籍化した山本貴光との共著『人文的、あまりに人文的』(本の雑誌社)。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事