人文的、あまりに人文的(8)『幸福はなぜ哲学の問題になるのか』『セカンドハンドの時代』|山本貴光+吉川浩満

初出:2016年12月9日刊行『ゲンロンβ9』

幸福に関する「なに」「いかに」「なぜ」の問い

青山拓央『幸福はなぜ哲学の問題になるのか』、太田出版、2016年
 

山本貴光 前回はエピクテトスとブレイエをとりあげました。

吉川浩満 ストア派特集。

山本 彼らが共通して考えたのは、幸福になるにはどうすればよいかという問題だった。彼らはそれを心の平静(アタラクシア)として考えた。

吉川 そこで今回は、幸福について書かれた最新の哲学書をとりあげようか。9月に出た青山拓央『幸福はなぜ哲学の問題になるのか』(太田出版)。

山本 いいタイトルだね。イアン・ハッキングの『言語はなぜ哲学の問題になるのか』(勁草書房)を思い出す。

吉川 シリーズ化できそうだよね、「~はなぜ哲学の問題になるのか」。なにしろ物事が成り立っている条件を再検討してみるのが哲学の仕事でもあるからね。なんでも来いだよ。

山本 どんと来い、超常現象!

吉川 古っ! てか、あれは物理学者でしょ。それ以前にテレビドラマの話だし。

山本 気になる人は「トリック」と「上田次郎」で検索してみてね。

吉川 もっとも、超常現象に悩まされたり心配している人にとっては……。

山本 「私に言わせればすべてのホラー現象はホラに過ぎない」(上田次郎)。

吉川 そうそう、それがただのホラとか思い込みに過ぎないと分かるのも、一種、心の平穏だよね。って、そのネタさらに引っ張る?

山本 妖怪博士・井上円了なんかも、哲学で憑き物落としをした名手だったよね。

吉川 まだ引っ張るか。まあ、哲学的な思考が、思い込みやそこから生じるかもしれない不安を緩和するのは確かだよね。今年、三浦節夫『井上円了──日本近代の先駆者の生涯と思想』(教育評論社)という浩瀚な評伝も出た。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1971年生まれ。文筆家・ゲーム作家。コーエーでのゲーム制作を経てフリーランス。著書に『投壜通信』(本の雑誌社)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文体の科学』(新潮社)、『世界が変わるプログラム入門』(ちくまプリマー新書)、『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎との共著、ちくまプリマー新書)、『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満との共著、太田出版)、『サイエンス・ブック・トラベル』(編著、河出書房新社)など。翻訳にジョン・サール『MiND――心の哲学』(吉川と共訳、ちくま学芸文庫)、サレン&ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ。ニューゲームズオーダーより再刊予定)など。

+ その他の記事

1972年生まれ。文筆業。国書刊行会、ヤフーを経て、現職。関心領域は哲学・科学・芸術、犬・猫・鳥、卓球、ロック、単車、デジタルガジェットなど。著書に『理不尽な進化』(朝日出版社)、『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(河出書房新社)、共著に『脳がわかれば心がわかるか』(太田出版)、『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。』(筑摩書房)など。近刊に「ゲンロンβ」の連載を書籍化した山本貴光との共著『人文的、あまりに人文的』(本の雑誌社)。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事