人文的、あまりに人文的(10)『言葉と物』『有限性の後で』|山本貴光+吉川浩満

初出:2017年2月10日刊行『ゲンロンβ11』

吉川浩満 この連載も10回目になりました。

山本貴光 あっという間だね。

吉川 これ、いつまで続くんだろうね……。

山本 どしたの急に(笑)。そうはいっても、論じるべき本は山ほどあるからネ。

吉川 ちょっと気が遠くなるよね。いつクビにしてもらえるか……。

山本 いやいやいや、そこは逆にやる気を出すところでしょ!

吉川 ところでさ、いまさらなんだけど、人文書って、なんなんだろうね。

山本 ほんとにいまさらだ(笑)。そういえば、この連載では人文書とは何ぞやという話をしていなかったかもね。

吉川 うん。今回は初心にかえって、その辺のところから話してみようか。

山本 まず、「人文」という言葉の来歴を確認しよう。もともと「人文」というのは、ヨーロッパ由来の、英語でいう「ヒューマニティーズ」を表すためにおそらくは明治期につくられた言葉なんだよね。

吉川 ヒューマニティーズ。

山本 うん。語源はラテン語の「フマニタス」。ルネサンス期の知識人は、神の研究に代わって人間の研究の重要性を唱えたんだよね。その際にお手本となったのがギリシア・ローマの古典。だからフマニタス研究というのは、人間の研究であると同時に文物、特に古典の研究でもあった。

吉川 もとをたどればやっぱり古典ギリシアに行き着くと。

山本 でね、当時の日本の知識人がヒューマニティーズの概念を受け止めようとしたとき、これをうまく表す日本語がなかったものだから、中国の古典に助けを求めた。

吉川 うん。元号と同じだ。

山本 古来より中国では、この世界の森羅万象を「天」と「人」のふたつの要素で考えてきた(場合によっては「天地人」)。天というのは、大きく宇宙・自然一般を指している。で、人というのは文字どおり人間のこと。そして「文」というのは「あや」、つまり有様や形のことだね。これを参考にして、ヒューマニティーズを人文と訳して言い表した。

吉川 ふむ。

山本 だから、日本語の「人文」を考える場合、それが古代中国語とヨーロッパ語のハイブリッド語であることを理解することが大事。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1971年生まれ。文筆家・ゲーム作家。コーエーでのゲーム制作を経てフリーランス。著書に『投壜通信』(本の雑誌社)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文体の科学』(新潮社)、『世界が変わるプログラム入門』(ちくまプリマー新書)、『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎との共著、ちくまプリマー新書)、『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満との共著、太田出版)、『サイエンス・ブック・トラベル』(編著、河出書房新社)など。翻訳にジョン・サール『MiND――心の哲学』(吉川と共訳、ちくま学芸文庫)、サレン&ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ。ニューゲームズオーダーより再刊予定)など。

+ その他の記事

1972年生まれ。文筆業。国書刊行会、ヤフーを経て、現職。関心領域は哲学・科学・芸術、犬・猫・鳥、卓球、ロック、単車、デジタルガジェットなど。著書に『理不尽な進化』(朝日出版社)、『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(河出書房新社)、共著に『脳がわかれば心がわかるか』(太田出版)、『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。』(筑摩書房)など。近刊に「ゲンロンβ」の連載を書籍化した山本貴光との共著『人文的、あまりに人文的』(本の雑誌社)。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事