亀山郁夫×岡田暁生「オーケストラと近代市民社会のみた(悪)夢」イベントレポート|井手口彰典

初出:2017年5月26日刊行『ゲンロンβ14』

 冒頭から私(報告者)の個人的な話題で恐縮だが、ここ10年ほど趣味で市民オーケストラの指揮者を務めている。そんな活動のなかから、話の枕にエピソードを二つほど。

 一つ目はR・シュトラウス★1の交響詩《ドン・ファン》★2を振ったときのこと。稀代のプレイボーイであるドン・ファンを描いた同作には、かなりあからさまな「音のラブシーン」がある。指揮者としてはタクトをウネウネ動かしながら団員をソノ気にさせていかなければならないわけだが、これが何かの罰ゲームかと思うほどに気恥ずかしい体験であった。こんな時、指揮者は自分の顔も体型も忘れ、ドン・ファンになりきって団員に流し目を送るほかない。

 別の機会に指揮したのはショスタコーヴィチ★3の弦楽四重奏曲第八番をバルシャイ★4が弦楽オーケストラ用に編曲した《室内交響曲》という作品。凄まじい緊張感に貫かれたこの曲では、奏者を徹頭徹尾睨み付け続けるしかなかった。オレに服従しろ、許可なしに息継ぎ一つするんじゃない、ビリビリビリ。終演後、団員各位に嫌われたかもとビクつきながら打ち上げの席に臨み、ビールで乾杯を交わしてもらってようやく肩の荷を下ろす。

「個人」の音楽/「マス」の音楽


 何の話やら、とお思いだろうが、そんな過去の体験をあれこれと朧に思い返す機会となったのが、4月14日にゲンロンカフェで開催された亀山郁夫氏と岡田暁生氏のトークイベント「オーケストラと近代市民社会のみた(悪)夢」であった★5。交響曲(=公共曲?)の持つパブリックな側面と、本来であればその正反対に位置づけられるべき親密性との関係を、モーツァルトからマーラー★6 、そしてショスタコーヴィチへ、という西洋音楽史の流れのなかで考えていこうというものだ。ゲンロンカフェでクラシック音楽をテーマに取り上げるのは初めてとのことだが、会場には40人ほどの熱心なオーディエンスが集まった。

 登壇者の亀山氏はドストエフスキーの研究で知られるロシア文学者で、クラシック音楽にも造詣が深い。対する岡田氏はR・シュトラウスのオペラ《薔薇の騎士》の分析を皮切りに西洋音楽を鋭く論じてきた音楽学者。そんな両氏の対談をセッティングしたのはゲンロンサイドだったそうだが、その組み合わせは今回のイベントの意義を最大限に引き出す素晴らしいものであったように思う。というのも、両氏の音楽的な趣味が(どちらもクラシックをベースとしているにもかかわらず)見事なまでに対照的なのだ。

★1 リヒャルト・シュトラウス(1864‐1949)、ドイツの作曲家・指揮者。後期ロマン派の作風で、特にオペラ、交響詩、歌曲などのジャンルに多くの作品を残した。
★2 イタリア語では「ドン・ジョバンニ」。
★3 ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(1906‐1975)、ソ連の作曲家。かつてはソヴィエト共産党の御用作曲家と見られていた時期もあったが、近年では政府からの要求と自己の芸術性との間で苦悩した人物、という評価が一般的である。
★4 ルドルフ・バルシャイ(1924‐2010)、ロシアに生まれイスラエルに亡命した指揮者。
★5 http://genron-cafe.jp/event/20170414/
★6 グスタフ・マーラー(1860‐1911)、ボヘミア出身でおもにウィーンで活躍した作曲家・指揮者。R・シュトラウスと共に後期ロマン派を代表する人物で、規模の大きな交響曲で特に知られる。