ポスト・シネマ・クリティーク(17) 人魚の(原形質的な)踊り――湯浅政明監督『夜明け告げるルーのうた』|渡邉大輔

初出:2017年6月16日刊行『ゲンロンβ15』

「国産アニメ100年」に届いた鬼才待望の新作


 画面上方に水平線が大きく開け、その下に幾重にも白い波頭がつぎつぎに立ちあがる海が、日光に照らされてエメラルドグリーンに輝いている。白い波のしぶきに乗って、画面手前に小さい赤ん坊の人魚が何匹も楽しそうに現れる。群れをなす人魚たちは海面から顔を出す岩場にたどり着くと、その周辺を恰好の遊び場にして、身体の周りにまといつく泡を転がしたり、たがいに水鉄砲を掛けあったり、それぞれにはしゃぎあっている。やがてなにかに気づいたように水に頭から潜りこむと、そのままなめらかに列をなして海底へと降りてゆく。すると、そこにはさまざまな海中生物たちによる、サーカス団のようなパレードが始まろうとしていた。

 ……と、ひとつのシーンの描写から始めたが、さしあたりは今回の作品を紹介しておこう。人間の少年と幼い人魚の少女との交流を描いたアニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』(2017年)は、本作に先立つ4月に公開された『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)に続く、湯浅政明の長編アニメーション映画監督第3作である。湯浅といえば、とりわけ90年代初頭から『ちびまる子ちゃん』(1990年‐)や『クレヨンしんちゃん』(1993年‐)など人気アニメ作品の劇場版シリーズには欠かせないアニメーターとして参加してきたが、長編アニメーション映画の監督作品としては、2004年の『マインド・ゲーム』以来、じつに13年ぶりの新作となる。

 周知のように、昨年、記録的大ヒットを飛ばした新海誠監督の『君の名は。』(2016年)以降、国内の映画・アニメ業界ではオリジナル企画ものの空前の大ブームがにわかに到来している。この「アニメ映画ブーム」の流れは、おそらく2010年代中は続くだろう★1。国産アニメーション誕生からようやく100年を迎え、ついさきごろには宮崎駿の新作長編製作開始の報ももたらされた2017年もまた、すでに神山健治の新作が公開されたほか、今後も米林宏昌や新房昭之ら注目の監督たちの新作が待機している。そんななか、現在、地味ながら話題を呼んでいるのが、この2ヶ月で相次いで発表された、湯浅の2作の新作長編である。
 

watanabe01.jpg
『夜明け告げるルーのうた』(C)2017ルー製作委員会


ディジタルデバイスとのかかわり


 本作の物語の舞台となるのは、日無町(ひなしちょう)という裏寂れた小さな漁港の町。主人公の中学生・足元カイ(下田翔大)は、父の照夫(鈴村健一)と傘職人の祖父(柄本明)の3人で暮らしている。幼い頃には東京に住んでいたものの、両親の離婚により父の実家に引っ越してきたかれは、家族や友人たちから心を閉ざし、二階の自室に閉じこもって自作の楽曲をネットの動画サイトにアップロードすることを唯一の気晴らしにしている。カイの数少ない友人の国夫(斉藤壮馬)と遊歩(寿美菜子)は、ある日、かれを自分たちが組んでいるアマチュアバンド「セイレーン」に誘う。相変わらず気乗りのしないまま、バンドの練習場所である、巨大テーマパーク跡地のステージに行くと、かれらの奏でる音楽に誘われて、小さな人魚の少女が現れた。ルー(谷花音)と名乗る彼女は、音楽に乗って楽しそうに歌い踊る。そんなルーと出会ったことで、鬱屈としていたカイの心も少しずつ明るさを取り戻してゆく。しかし、じつは日無町では古来から人魚は人々に災いをもたらす存在として忌み嫌われていた。今回のルーの出現にせよ、当初は暖かく受け入れていた大人たちも彼女の存在を疎ましく思うようになる。それはやがて町中を巻きこむ大騒動へと発展するのだが……。

★1 この点については、国内最大手の東宝が2012年からテレビ作品も含めたアニメーション製作に本格的に乗りだしたことも大きい。まさに『ルー』もその配給作品である。ちなみに、『君の名は。』は、「TOHO animation」が企画し、東宝が配給した初の作品であった。「ポスト『君の名は。』」のアニメ産業については、たとえば数土直志『誰がこれからのアニメをつくるのか?――中国資本とネット配信が起こす静かな革命』、星海社新書、2017年などが詳しい。


NEWS

連載

ゲンロンβ