観光客の哲学の余白に(7) まなざしからタッチパネルへ|東浩紀

初出:2017年11月17日刊行『ゲンロンβ19』

 はじめに言い訳になるが、今回はスケジュール調整に完全に失敗し、この原稿は配信当日の早朝に書いている。そのためいつもと比べて粗い文章になるのだが、ご容赦願いたい。今回の原稿はまた、先日、11月15日にボルボスタジオ青山で行った講演の補足にもなっている。

 さて、前回ぼくは、近代には深さがあったがポストモダンにはないと言われる、けれど深さの隠喩は健全な批評のためには不可欠なので、新しい「深さの語りかた」を再発明する必要があると記した。その再発明のヒントを視覚メディアの変化に見る、というのがこの連載の主旨だ。

 視覚論やメディア論にはさまざまな先行研究がある。ぼくは大学院の専攻が表象文化論なので、中途半端にそれらの知識をもっている。前々回に触れたクレイリーとかキットラーがそれだ。中途半端に知識をもっていると議論はどうしても防衛的になる。だからこの連載も妙にくねくねとしてきたのだが、今回は時間もないので、印象論と非難されるのを承知で結論から話を始めたい。

 というわけで結論から言えば、ポストモダンの深さはタッチパネルのタップから考えるといいのではないか、というのがぼくの提案である。


 

会員の方はこちらから続きをお読みください

このコンテンツを最後まで閲覧するには【ログイン】または【月額課金購読】をしてください。
ゲンロンαを含む様々な特典のついたゲンロン友の会への入会もご検討いただければ幸いです。

 


その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ