つながりβ(6) 無題、あるいは三楽章の交響曲|新垣隆

初出:2018年11月22日刊行『ゲンロンβ31』

Ⅰ 小学6年時の思い出

 午後、学校から戻る。町の団地を横切り、家までは歩いて10分ほど。家には母親がいる。兄は高校、父は勤務。しばらくして母が買い物に出かける。「いってらっしゃい」の声を掛けて、そして──母親の自転車の音が遠のくのを確認して──すぐさま2階に駆け上がった。数日前に録音しておいたFMラジオ番組のカセットテープを机から取り出してラジカセにセットし、ボリュームいっぱいにして聴いた。

 内容は「現代音楽」で、数日前のその番組は夜8時からの放送だったので、家族に「知られないよう」、ボリュームをゼロにしてこっそり録音した(更に言うとその時は家族の夕食時と重なり、番組を最初から録音する事が叶わなかった)。

 ようやくそのテープを聴けるタイミングが訪れた。内容は期待を裏切らなかった。トムトムやティンパニーといった膜質打楽器の激しいドラミングのみが延々と続く──そしてそれは8ビートや16ビートといった拍節感が一切ない──、やがてそれらがぴたっと止み、オーケストラの不穏な音のうごきが始まった。管楽器の激しい半音階に打楽器が反応し、異様な響きの中、今まで聴いた事もないような金属音が浮かび上がってきて、最後オーケストラが消え、その金属音だけが残り、それも静かに消えていった。

 しばらくの沈黙ののち、会場の拍手が起こる。コンサートのライブ収録だ。「武満徹の『カシオペア』。演奏は打楽器、吉原すみれ、石井眞木指揮、ベルリン放送交響楽団でした。」

 しばらくして母親が買い物から帰って来る。私は停止ボタンを押し、何食わぬ顔で「お帰り」と言い、カセットをそっと机にしまう。
 

(ウィーン私的演奏協会 アルバン・ベルクが起草した設立趣意書より)
 
 1918年11月に設立された本協会は、アルノルト・シェーンベルクが、芸術家と音楽愛好家に現代音楽についての真の正確な知識を与えるという意図を実現できるようにすることを目的とする。
 現代音楽に対する聴衆の態度は、聴衆が現代音楽から受ける印象が曖昧なものにならざるをえないという状況に、計り知れないほど左右されている。
[中略]……本協会の目的を達成するための第三の条件は、演奏はすべての点で非公開であるということである。非会員は(外国からの来訪者を除いて)入場を許されないし、会員は、本協会の演奏やほかの活動について、いかなる公的報告の発表も控え、特に定期刊行物で、批評、紹介、論考を執筆したり示唆したりしないという義務を負う。[以下略]
 
 マーラーのいくつかの音楽から(持続することはなかったが)影響を受けたことと、マーラーがシェーンベルクを擁護したという事情もあって、私は、現代音楽を理解し愛好するよう真摯に努力すべきだと思った。かくして私はアルノルト・シェーンベルクが主宰する私的演奏協会のメンバーになった…。[中略]こうして私はシェーンベルクの音楽のいくつかになじむようになり、なかんずく《室内交響曲》と《月に憑かれたピエロ》に精通した。私はヴェーベルンのリハーサル、中でも《オーケストラのための小品》のリハーサルにも行ったし、またベルクのリハーサルにも出かけた。
 約2年後、私はうまい具合に、なにがしかの知識を――今は当時より好きでない音楽について――得ていることに気がついた。
 
(以上はジョーン・アレン・スミス『新ウィーン楽派の人々――同時代者が語るシェーンベルク、ヴェーベルン、ベルク』、山本直広訳、音楽之友社、1998年、123頁、313−315頁より引用)

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1970年生まれ。作曲家/ピアニスト。桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業後、現代音楽を主体としつつ映画音楽やCM音楽の作曲も手掛けるなど多岐にわたって活躍。2014年2月、佐村河内守氏のゴーストライターを18年間務めていた事を告白。「交響曲第1番HIROSHIMA」「ヴァイオリンのためのソナチネ嬰ハ短調」等の作曲家として、俄かに脚光を浴びる。2015年10月「ピアノコンチェルト新生」、2016年8月「交響曲連祷 Litany」など、その後も多くの作品を発表。2018年度より桐朋学園大学の非常勤講師に復帰。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事