観光客の哲学の余白に(14) 触視的平面の誕生・番外編|東浩紀

初出:2019年03月22日刊行『ゲンロンβ35』

 先日、『search/サーチ』と題する映画を見た。全編がPCあるいは携帯電話などモバイル端末の画面のキャプチャで作られている異色の作品である。とはいえ、けっして実験作というわけではなく、エンターテインメントとして高い完成度を示している。監督は、まだ20代のアニーシュ・チャガンティ。チャガンティは2014年にグーグルグラスの広告動画で一躍有名となり、その後グーグルに勤務し広報を担当していた。本作が初監督の長編だという。

 ぼくはこの数回「触視的平面」について語ってきた。見るだけでなく触ることもできるインタラクティブな平面、すなわち「タッチパネル」は、これまで哲学や批評が問題にしてきた「スクリーン」とは異なる性格をもっている。21世紀はその新たな平面が生活のあらゆる場面を覆い始めた時代であり、その変化について考えることは現代社会の分析のうえで不可欠だという議論だ。

 平面の「触視」性は、かならずしも現実に指で画面を操作するタッチパネルにかぎられるものではない。それは、いまPCや情報端末の画面に採用されている基本的なデザイン、すなわちGUIの本質を規定するものでもある。20世紀の人々は世界をスクリーン(映画)を見るように捉えていた。それに対して、21世紀の人々は世界をタッチパネル(触視的平面)を操作するように捉えているといえよう。

 このような連載の文脈のなかにおくと、『サーチ』は現代の映像=世界感覚をみごとに切り取った傑作ということができる。


 

会員の方はこちらから続きをお読みください

このコンテンツを最後まで閲覧するには【ログイン】または【月額課金購読】をしてください。
ゲンロンαを含む様々な特典のついたゲンロン友の会への入会もご検討いただければ幸いです。

 

その他の記事

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。株式会社ゲンロン創業者。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(2011年)、『ゲンロン0 観光客の哲学』(2017年、第71回毎日出版文化賞 人文・社会部門)、『ゆるく考える』(2019年)、『テーマパーク化する地球』(2019年)ほか多数。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ