人文的、あまりに人文的(特別篇)『新記号論』|山本貴光+吉川浩満

初出:2019年03月22日刊行『ゲンロンβ35』

 

石田英敬+東浩紀『新記号論』、ゲンロン、2019年
 

吉川浩満 みなさん、お久しぶりです。

山本貴光 今回は「人文的、あまりに人文的」特別編ということで、よろしくお願いします。

吉川 解散したバンドが一夜限りで再結成ライヴやるみたいなね。

山本 解散してたんかい。

吉川 それはそうと、ついに出たね。

山本 ゲンロンカフェで聴講したときから本にならないかなと待ってました。

吉川 石田英敬さんと東浩紀さんの『新記号論 ――脳とメディアが出会うとき』(ゲンロン)です。

山本 2017年に当初1回の予定で開催された「一般文字学は可能か」という講義が、それでは収まらず、全3回の連続講義になったのだったね★1

吉川 なにしろ聴き手役の東さんが、適宜話を整理するだけでなく、石田さんに問いを投げかけて話を引き出している。

山本 先生をやると分かるけど、よい聴き手がいるとやる気も出るし、質問によって予定してなかったことまで話したくなるんだよね。

吉川 その講義をもとに、理解を助けるたくさんの注も施して刊行されたのがこの本というわけです。三つの講義に加えて石田さんによる四章立ての補論も収録されている。

山本 小松理虔さんの『新復興論』に続く「ゲンロン叢書」第2弾でもありますね。

なぜ記号論なのか


山本 まず、本書のテーマについて話そうか。

吉川 そうしよう。

★1 全三回の連続講義は、「石田英敬『新記号論』シリーズ」と題し、動画販売プラットフォーム「Vimeo」にてセット販売中。