ひらめき☆マンガ教室 主任講師による全提出作品ショートレビュー特別公開|さやわか

ゲンロンβ36 2019年4月19日発行

 ゲンロンが運営する、マンガ家育成スクール〈ゲンロン ひらめき☆マンガ教室〉第4期の受講生募集を開始しました。本スクールでは、マンガの描き方を教えるだけではなく、編集者とのコミュニケーションや商業誌への持ち込みなど、「マンガ家になる」ために必要な壁を乗り越える、実践的な講義とワークショップを行います。

ここでは本スクールの主任講師であるさやわか氏が、第二期の受講生の提出作品に付したコメントを掲載します。本スクールでどのような指導が受けられるのか、雰囲気をつかむのにぴったりです。また各受講生の名前のリンクからは、提出された実際のネーム・完成稿を読むことができます。こちらもあわせてお楽しみください。

受講のお申込み、詳細なプログラム、スケジュール、講師紹介、過去の受講生の声・作品などは、ひらめき☆マンガ教室サイトをご覧ください。なお、お申し込みは先着順となりますので、お早めに!(編集部)

以下に掲載するのは、「ゲンロン ひらめき☆マンガ教室」の受講生が提出した課題作品に対して、主任講師である僕こと、さやわかがコメントを付けたものです。

これはもともとは、僕が講義当日に各作品について話す際に参照するためのメモでした。メモには、提出作品が課題の指定を満たしているか、僕が面白いと思ったかどうかについて書いています。しかしそれ以上に、提出された作品が表現としてどこがよく、どこが悪いのか、それはなぜなのかを、具体的な理由を添えて書いています。内容が受講生の参考にもなるということで、あるときから、講義終了後、受講生にも回覧させるようにしました。

このやり方を採り入れたことで、よかったことがふたつあります。ひとつには、受講生が課題提出について積極的になったことです。当然のことですが、受講生はみな作品を評価されたいと思っています。褒められなかったとしても、何を直せばより良くなるのかを知りたいと考えています。けれども、講義の時間は限られるため、全員の作品について詳細に語ることはできません。しかしこのメモを見れば、受講生みなが、次回の課題で何を目指してどう頑張るかを考えることができます。

そしてもうひとつは、このメモをまとめることで、マンガ批評のひとつの基準を示せたということです。ひらめき☆マンガ教室は、読者側からではなく、作家側からのマンガ批評の可能性を模索する教室でもあります。マンガ家がマンガを描いているときに、実際に何を意識しているのか、どう読まれるために何をどう描くか、それを明らかにしようとしています。このメモは、受講生に作品の改善案を示すことで、そうした批評的視座を提供するものにもなっています。

来期以降のひらめき☆マンガ教室でも、このメモの回覧を続けることで、受講生とマンガの評価軸を共有し、マンガについて新しい議論が生まれる場を作っていきたいと思っています。「ゲンロン ひらめき☆マンガ教室」にご期待ください。


ひらめき☆マンガ教室第2期 課題7 「感触が伝わる漫画(再)

 

<課題文>
漫画に関わらずエンタメの面白さの一つに「共感」があります。それは大まかに二種類あって、一つは知識、体験の共感。そしてもう一つは「肉体に備わる五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)」の共感。その中でも今回は「触覚・肉体的接触」をテーマにしてください。
何かしらか肉体が触れあうシーンを肝にして創作してください。指と指が触れあうような繊細なドラマでもいいし、激しく殴り合うハードヒットな格闘物でも結構です。
私はエロ漫画家ですが、提出する作品はエロやセクシーの要素を必ずしも入れる必要はありません(もちろんがっつり成年向けにチャレンジしていただいてもOKです)。
というのを去年の私の回の課題で出させて頂きました。講義でお話しさせて頂いてあらためて漫画の面白さの一部に触れえる課題でなおかつ、「没入性」にも大きく関わる課題だと思いましたので、今年もコレでお願いいたします。
去年の講義を聞いてない方のためにヒントを。接触のシーンはサイレント、セリフを無くしてみてください。(師走の翁)

<ネームへのさやわかコメント>
Suda。「アイする」
顔の表情による登場人物の感情的なリアクションを意識的に減らしているのだと思いますが、それによってたしかに全体的な不穏さは高めることができているようですね。しかし一方でこのやり方は全体の調子(テンポ)を一定にしすぎることになるので、作品全体が平坦な感じを受けないでしょうか? それを狙ってやっているのであれば申し訳ないです! が、個人的には読者にもうちょっと見せ場とか読後の余韻とかを作ってほしいかな……と思いました。どうでしょうか?

森井餡「かさぶた」
なんてこわい話なんだ……。作者の意図とは違うのだと思いますが、サイコパスの小話を思い出してしまいましたw エピソードは明快で、そのぶんコマ割りも分かりやすいものを選んでいて好ましいです。また、さすが去年の1期生、師走の翁さんの課題の要求にきっちり寄せてきたな! と思わされました。ただ個人的には、殴られるシーンのほうが強調されてしまっているきらいがあるので(暴力だし、当然そう感じやすいですよね)、「先生に触られている」ほうももう少し大きいコマを使って描いてあげてもいいのでは、と思います。そうすると、殴られている方と治療されている(触れられている)方の、両方の「感触」がつながりを持っているんだとちゃんと対比的にわかるようになると思います。

ねりけし「美容室難民」
ねりけしさんはラストのような勢いのあるギャグが上手ですよね……。テンガロンハットの美容師さんとかもいい感じです。しかしそうなると、超平凡な「地方あるあるマンガ」っぽく始まってしまう冒頭部分とのギャップがデカすぎませんでしょうか。というか、マッサージの話を劇的にするよりは、この導入部からだとあと2~3人、「こんな美容師もいました」という「あるある」を並べていくのが自然かなと思います。マッサージのほうをメインにするなら、この人ひとりだけにして、「へんなマッサージをする美容室に行った」という話にしたほうがあちこち混乱せずに読めるんじゃないでしょうか……

やまだ亜麻「ツインテールと筋肉男」
「感触を伝える」シーンの作り方は今回提出された課題の中でも最もうまくやれていたのではないでしょうか。それは山田さんが、セオリー通りのマンガっぽさをちゃんとやるからこそ、できているのだと思います。話としては Twitter でバズらせる系のやつだと思うので、もうちょっと1ページ目にも目を惹く要素を入れて積極的にツカんでいってもいいかなと思います。この作品、明らかに2ページ目でツカんでいるのは紙媒体的な「めくり」を意識していて、それもやはり山田さんがマンガ的なセオリーをやれるからこそだと思うのですが、Twitter マンガ的なモノだともうちょい急いでもいいのでは? というあたりだけが気になりました。

平坂 系「デモンズドライブ」
平坂さんの作品は、あいかわらず絵に魅力があって、なんだか面白いことが行われているような気がする……! しかし! やっぱよくわからない……! という感想でした。テンポ感があまりにもせわしなく、ほとんどの説明やリアクションを端折っているからなのだと思うので、分かりやすくするならそこを意識すべきかなと思います。ぶっちゃけ、このノリでやると、何を描こうがどんなネタだろうが全部「このノリ」「この不条理感」のマンガとしてのみ(言ってみればどれもぜんぶ同じ作品であるかのように)読者には読まれてしまうので、それはいささかもったいないのではないでしょうかね……と、個人的には思います。

カマナリ「タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
扉ページで終わるマンガ……! 当然、課題の要求した「感触」まで至っていないわけですが、それでも提出してくださったことを最大級に評価したいと思います! ただひらめき☆マンガ教室の教えとしては、それなりの絵の質を意識して頭から順に描いていって力尽きるよりは、ネームなりの「最後まで描ける」絵で仕上げるのがベスト、ということになるので、うーむ残念だーという感じです。

静脈「一度きりのヒーロー」
後半はいいのですが前半でもちょいちょい、ナナメに切っているコマがあってそれがすごく気になりました。あんまり動きを出す必要のなさそうなところだったので……それはともかく、感触を伝える課題にはよく応えているのではないでしょうか。ラストの展開から大ゴマを意識して使っているのも好ましいです。最後2ページとかいいですね! マンガの作りとしてはたぶんネット向きを意識してるんだろうなと思いますが、この内容が描けるなら、紙媒体でもやっていけるんじゃないかなと思います。それを意識するかは静脈さん次第なのですが……!

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ