『テーマパーク化する地球』より 「テーマパーク化する地球(2) 2012年3月 カリブ海」|東浩紀

初出:2019年05月30日刊行『ゲンロンβ37』

 2019年6月11日より、ゲンロン叢書003東浩紀『テーマパーク化する地球』が全国書店にて発売となります。本書は著者が震災以降に執筆したテクストから47編を選び出し、再構成した評論集です。『ゲンロンβ』掲載の論考も、大幅な加筆のうえ多数収録。それらがどのように生まれ変わったのかも見どころのひとつです。
 今号『ゲンロンβ37』ではその発売を記念し、表題となったエッセイ「テーマパーク化する地球」の一部、および「ニセコの複数の風景スケープ」を一足先にお届けします。これらはそれぞれ、2012年の『genron etc. #2』、2015年の『ゲンロン観光地化メルマガ #28』を初出としています。『弱いつながり』や『観光客の哲学』の背後に、どのような思索があったのか。2010年代を貫くその軌跡をお楽しみください。(編集部)
 ※「ニセコの複数の風景スケープ」はこちら。

 

2 2012年3月 カリブ海


 二月末から三月のあたまにかけて、七泊八日のクルーズに参加した。舞台はカリブ海である。

 ぼくが乗船したのは、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社のアリュール・オブ・ザ・シーズという船である。世界最大の大型客船で、総トン数二二万五〇〇〇トン、乗船可能な旅客は六〇〇〇人以上、全長は四〇〇メートル近い。数字を並べてもいまひとつピンと来ないかもしれないが、大型ホテルが海上を移動していると想像すればだいたいまちがいない。ぼくが参加したのは、アメリカ・フロリダ州のフォートローダーデールを出航し、ハイチ(イスパニョーラ島)のラバディ、ジャマイカのファルマス、メキシコ(ユカタン半島)のコスメルに寄港して、ふたたびフロリダに戻るクルーズだ。

 なぜクルーズに参加したかといえば、単純に豪華客船の画像や動画を見て行きたくなったからである。加えて、娘もこの春から小学校にあがり、好き勝手に休むわけにいかなくなるので、いまのうちに派手な旅行をしておこうという考えもあった。というわけで、これは取材でもなんでもない、私的な休暇でしかなかった。けれどもそれが意外にも、この連載の主題と深く関係する経験だったのである。

 

 ぼくがこの旅で興味を覚えたのは、現代のクルーズが提供しているのが、たんなる船旅ではない、まさに「動くテーマパークとしての船」であり、「世界をテーマパーク化する視線」だということに対してである。

 どういうことだろうか。日本ではクルーズというと、引退した金持ちの老人向けの娯楽という印象が強い。じっさい、郵船クルーズが運航する豪華客船「飛鳥II」のパンフレットを覗くと、目の玉の飛び出るような料金と高齢者に照準をあてた船内プログラムが記載されている。テーマパークの印象からはほど遠い。

 けれども、ぼくが乗ったロイヤル・カリビアン社のビジネスモデルは、そのようないわゆる「豪華客船」と異なっていた。それはまず、料金面ではるかに庶民的であり(詳しくは後述する)、そしてまた、内装やプログラムにおいてもはるかにポップカルチャー寄りだったのである。