当事者から共事者へ(1) 障害と共事|小松理虔

初出:2019年09月27日刊行『ゲンロンβ41』

 拙著『新復興論』がゲンロンから刊行され、間もなく一年。相変わらず、ぼくはいわき市小名浜に暮らす在野の活動家である。カツオやサンマの水揚げがあれば港に写真を撮りに行き、ある日はコミュニティ食堂の手伝いに出かけ、またある日は高齢者の集会所に顔を出し、地元の中小企業のパンフレットやウェブサイトを作ったりしている。本が賞を頂いたとはいえ、福島県内のどこぞの大学からお呼びがかかるわけでもないし、自治体のナントカ委員のポストに就くわけでも、新しい本の執筆依頼があるわけでもない。

 いや、それで当然なのだ。大佛次郎論壇賞の過去の受賞者を見てほしい。ほとんどが東京大学、京都大学、一橋大学といった大学を卒業し、研究者・専門家として活躍している方ばかり。ぼくは論文を出しているわけでもないしアカデミズムの人間でもない。なんというか、ぼくだけが場違いなエラーなのだ。けれど、その「場違い感」こそがぼくの取り柄なのだろうということは、この一年でかなり再確認できた気がする。いつだって、ぼくは何かの領域の「ではない側」に立っている。

 

 いつ潰れても仕方がないフリーランス稼業。なんとか口に糊すべく色々な仕事を引き受けてきた。依頼はどれもなんらかの課題を抱えていて、その課題はどれも地域や社会と地続きだった。地元の幼稚園のウェブサイトを作ったときには、単にウェブサイトを作るだけでなく、地域の少子化や都市部との教育格差の問題を考えずにはいられなかったし、水産加工業者のオンラインショップを作ったときには、当然売り上げ増を目指すけれども、原発事故後の流通形態の変化や汚染水の問題にも思考は及んだ。最近増えている障害福祉や介護福祉の情報発信の仕事では、社会の包摂力のようなものを育んでいくことが求められている。依頼主が福島県内の企業や法人の場合は、やはり原発事故後の社会設計というものを考えずにはいられない。

 そんな地域の課題に触れ続け、ぼくは「当事者」という言葉についてより深く考えるようになった。なんらかの課題には、それに直面する当事者がいる。当事者は、問題を解決すべく色々な策を講じる。その一方で、どうすれば多くの人たちに関心を持ってもらえるだろうか。どうすれば賛同者を増やせるだろうか。どうすれば関わりが生まれるだろうかということも考えている。どの課題も「それまではその課題を課題とは思わなかった人たちに理解を広めていきたい」という点で共通しているのだった。

 しかし、「当事者」という言葉を使って当事者の困難を外側に出すほど、同じ課題を抱える人たちの共感を生む一方で、「わたしは当事者ではない」という人、つまり「非当事者」を作り出してしまうようにも感じている。いわば「当事者のジレンマ」が生まれる。

 ぼくは『新復興論』のなかで、当事者についてそれなりの分量を割いて自分の考えをまとめた。課題が大きければ大きいほど、古今の知を参照し、当事者の外側にいる人とも意見を交わす必要がある。当事者性の高さを競い合うような言説は外部を遮断してしまうし、〝真の当事者〟などいないのだから、皆が当事者であるという意識のもと、外部を切り捨てない思考をしていくべきだと。今でも、その考えに変わりはない。

 しかし、ぼくの「当事者論」は批判も頂戴した。小松さんの論は、紛れもなく当事者と言わざるを得ない、困難さを宿命づけられた人たちを無視するような言動につながるのではないかと。逃れられない何かを抱えた当事者はいる。だから「当事者性なんて関係ないんだ」というぼくの論が暴力的に聞こえるのは当然かもしれない。決して当事者を無視していいとは思っていない。当事者性の濃淡で異論を排除するような言説はいけないと言いたかっただけだが、言葉が足りなかったのも事実だろう。

 障害の世界では「当事者研究」が盛んだ。当事者研究とは、当事者本人が自らの症状や不調、人間関係など固有の生きづらさ、ジレンマや葛藤を「研究」というフレームで見つめ直し、仲間や関係者の経験も取り入れながら、自分らしいユニークな発想で自助を創造していくアプローチであるとされる。最近では、障害だけでなくLGBTなども含めたマイノリティ当事者が自分の生きづらさを持ち寄り、発信するメディアやイベントも増えてきた。当事者同士だからこそ分かり合え、共感が生まれる。そうしたチャンネルが、少なくない人たちに希望を与えているのは事実だし、ぼくもこうした動きを陰ながら応援したいと思っている。

 当事者同士で課題を持ち寄り、自己を肯定しながら課題と向き合おうというチャンネルには賛同できるし、その局面で「当事者」という言葉は連帯を生むだろう。けれど、その当事者の声を広く伝え、社会を巻き込んでいこうというときには、当事者という言葉が逆に障害になってしまうのではないか。なぜこのようなジレンマが起きるのかといえば、「当事者」という言葉が、やはり当事者「だけ」を指す言葉だからだ。例えばぼくがイメージする「社会の一員としてのわずかな当事者性を付与されている外側の人」を「当事者」という言葉は説明することができない。課題解決のカギを握っているかもしれない人たちなのにだ。

 ならば。当事者の存在を肯定・尊重し、当事者同士が語る場を守りつつ、外側の人たちが自分にもあるわずかな当事者性を自覚し、課題解決にゆるっと参画できるような〝立場〟も肯定的に捉え、そのゆるい〝関わり方〟そのものをポジティブに示す言葉があればいいのではないか、とぼくは考えた。宙ぶらりんな自分のスタンスを探したかったのかもしれない。

 そこでぼくが思いついたのが「共事者」という言葉だった。当事者ではない。当事者を直接的に支援しているわけでもない。研究者でもなければジャーナリストでもなく政治家でもない。プロフェッショナルでも専門知識を有しているわけでもない。けれど、当事者性はゼロではなく、社会の一員としてその物事を共にし、ゆるふわっと当事者を包み込んでいる。そんな人たち。あるいは、専門性も当事者性もないけれど、その課題と事を共にしてしまっている。そのようなゆるい関わり方。それが現段階でぼくがイメージしている「共事者/共事」だ。

 ゲンロンの読者なら察しがつくように、この「共事者」という言葉は、東浩紀さんの「観光客」の概念を、より「課題」や「現場」や「地域」、つまり「ローカル」に引き寄せた言葉でもある。当事者か否かという二項対立をずらして、課題をふまじめに楽しみ、そのくせ社会課題解決のカギを握ってしまうような人たちをイメージしている。

 ただ、ぼく自身まだ「共事」という概念を固められているわけではない。例によってぼくは思想・哲学の専門家でもなければ社会学の研究者でもないので、現場から言葉を拾い集めて考えていくほかない。けれども、連載を通じて読者の皆さんとも意見を交わし合うことはできるし、そうして磨かれていく言葉や思考もまた「共事」だと思うのだ。それに、ぼくのように「研究者でも専門家でもないけれど、考えたり動いたりするのは楽しいし、なんらかの課題に片足を突っ込んでいる」という人たちはかなりいるのではないかとも思っている。今後二カ月に一本のペースで、課題先進地福島から共事について考えるテキストを上げていく。ぜひ皆さんにも連載に「共事」してもらいたい。