観光客の哲学の余白に(17) 『カラマーゾフの兄弟』は「軽井沢殺人事件」だった――ドストエフスキーとシミュラークル(後)|東浩紀

初出:2019年10月25日刊行『ゲンロンβ42』

 前回に引き続き、ドストエフスキーの「聖地巡礼」で感じたことを記したい。ぼくはサンクト・ペテルブルクのあと、『カラマーゾフの兄弟』の舞台のモデルになった街、スターラヤ・ルッサを訪れた。

 スターラヤ・ルッサは、ペテルブルクから南に200キロほど、イリメニ湖という大きな湖(琵琶湖よりも大きい)の南岸にある小さな街である。現在の人口は3万人弱だが、歴史は古い。12世紀にはすでに文献に名前が現れる。ロシアの歴史はヴァリャーグ(ヴァイキング)の東ヨーロッパ平原への進出に始まるが、そこでスターラヤ・ルッサは、フィンランド湾から黒海へ抜ける水上交易路の要所として栄えた。ロシアの前身国家のひとつであるノヴゴロド公国は、スターラヤ・ルッサから見てイリメニ湖の反対側に建国された。かつてはこの湖を、ヴァイキングの船が行き来していたわけだ。

 ドストエフスキーがこの地をはじめて訪れたのは、晩年の1872年のことである。晩年といっても、彼は60歳を迎える年に亡くなっているので50代のころの話だ。何度か訪問するうちに気に入ったらしく、76年には別荘を購入し、家族とともに長い時間を過ごすようになった。『カラマーゾフの兄弟』の大半はその別荘で書かれ、同書に登場する「スコトプリゴニエフスク」(家畜追込町)のモデルはこの街だといわれている。

『カラマーゾフの兄弟』は、ぼくが人生でもっとも大きな影響を受けた小説である。その舞台を訪れるのは、かねてからの夢だった。

 

 とはいえ、スターラヤ・ルッサはペテルブルクのような国際観光都市ではない。訪問は骨が折れる。

 ぼくは、前日の夜にペテルブルクを発ってノヴゴロドまで鉄道で移動し、現地で1泊してから路線バスでスターラヤ・ルッサに移動という経路を採った。ペテルブルクからノヴゴロドまでは3時間半(列車の種別によってはもっと短いかもしれない)、ノヴゴロドからスターラヤ・ルッサまでは2時間近くかかる。ノヴゴロドのターミナルにはロシア語の表示しかなく、スターラヤ・ルッサのバス停は街外れの駅前にあっておそろしく寂しい。ロシア語に堪能な同行者がいないと、たどりつくのはなかなかむずかしい。ぼくは――例によって――休暇でロシアにいた上田洋子に助けを求めた。彼女は20年近くまえの学会でいちど当地を訪れたことがあるらしい。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ