【ゲンロン11より】革命から「ラムちゃん」へ(前篇)|大井昌和+さやわか+東浩紀

初出:2020年03月30日刊行『ゲンロンβ47』

 2020年9月刊行の『ゲンロン11』には、安彦良和氏と武富健治氏と東浩紀によるもの、さやわか氏と大井昌和氏と東浩紀によるもの、山本直樹氏とさやわか氏と東浩紀によるものの三つの座談会を収録し、速水健朗氏、伊藤剛氏による論文とあわせて、「『線の芸術』と現実」と題したマンガについての小特集を掲載しています。
 以下に、その二つめの座談会の前半部を公開します。ここで幾度も話題にあがっている永田洋子という女性は、連合赤軍事件の主犯のひとりとして知られます。永田をとおして見えた、学生運動とジェンダー、そしてマンガ/アニメ表現の意外な関係とは。(編集部)
※本記事は『ゲンロンβ47』に「永田洋子と「かわいい」の思想──マンガは歴史を語れるか・特別編」として先行掲載されたものです。『ゲンロン11』掲載の本編とは一部内容が異なります。

 

東浩紀 今日は物語評論家のさやわかさんとマンガ家の大井昌和さんとお話していきます。イベントのサブタイトルは「大学紛争と『ビューティフル・ドリーマー』の問題、あるいは大塚英志とジェンダーについて」となっているわけですが、押井守と大塚英志の問題を考えるうえで、まずは連合赤軍事件の中心的人物のひとりである永田洋子の人物像を問題にしたいと思っていて……。

さやわか ついにその話題が来ましたね。

永田洋子は「かわいい」か


 議論の前提として、大塚英志の『「彼女たち」の連合赤軍』の話題から始めたいと思います。これはサブカルチャー批評史上でも非常に重要な本ですね。

大井昌和 大塚の著作のなかでもかなりいい。

さやわか この本は、永田洋子の獄中手記『十六の墓標』(1982-83年)と『続 十六の墓標』(1990年)を読んで書かれています。『続』には永田が書いた絵が出てくるのですが、大塚はその絵がマンガっぽいことに着目して、連合赤軍事件はじつは女性性の問題だったのではないかということに肉薄していく。

大井 とはいえ、二冊読むと、大塚はほとんど『続』のほうしか見ていないかんじもしますね。『続』で永田が描いたマンガっぽい絵を「乙女ちっく」と表現する。たしかに永田が描いているのは、昔の少女マンガのようなキャラクターです。

さやわか 女の子が三つ指をついて座っていて、その手前に障子やふすまではなく、刑務所の檻の格子があるという絵ですね。永田は獄中生活の途中から絵を描くようになり、大和和紀の『あさきゆめみし』や昔の浮世絵の模写も始めます。けれども大塚は浮世絵の模写についてはほとんど興味を示さない。永田をあくまでも「マンガを描く女性」として『「彼女たち」の連合赤軍』の議論を展開していく。

大塚英志『「彼女たち」の連合赤軍』(角川文庫)
 

 大塚の議論はきわめてクリアなんですよ。連合赤軍は、永田洋子を中心人物とする革命左派と森恒夫を中心とする赤軍派というふたつの党派が合体してできている。そこで赤軍派の男性原理と永田は衝突していた。そしてその原因は、大塚によれば、ほんらい永田が同世代の「花の二四年組」のマンガ家たちと同じ「かわいい」感性を持っていたにもかかわらず、それをうまく表現できなかったことにあった。それゆえに、そこで感じた違和感が攻撃性へと転化して、リンチ殺人という悲劇が起きることになった。その「かわいい」感性が刑務所に入ってから開花したのが、マンガ的な絵だということですね。
 これは図式的にわかりやすいというだけでなく、かなり説得力があります。永田洋子だけでなく、植垣康博、坂口弘、坂東國男などの回想録も読んでみましたが、たしかに赤軍派と革命左派はかなり性格がちがう組織なんです。赤軍派は京都の大学生が中心なのに対し、革命左派は京浜地区の労働者が母体になっています。ジェンダー的にも、赤軍派が男性中心の集団だったのに対し、革命左派は看護学校の生徒なども入っていて、女性がかなり多い。永田自身も共立薬科大学の出身です。そして現実に、この性格のちがいが衝突して諍いが起きたことが、山岳リンチ事件の出発点にある。いわゆる「水筒事件」です。

さやわか 赤軍派が南アルプスに山岳ベースを作る。そこにあとから革命左派が合流する。そこで革命左派が水筒を持っていなかったことが、赤軍派から「山を甘くみているんじゃないか」と問題視されたという事件ですね。

 そう。そのとき革命左派はすでに山中にアジトをもっていた。でもそれは奥多摩のバス停から歩けるような場所で、赤軍派の本格的なベースとはちがっていた。そのちがいは革命左派の家庭的というかのんびりした性格を表していたんだけど、赤軍派はまさにそここそを執拗に責める。だからこれは、赤軍派と革命左派のどちらが連合赤軍の主導権を取るかの問題でもあって、永田はこの件でとても屈辱を覚えた。そこで彼女は、一種の反撃として、赤軍派の遠山美枝子を批判することになる。遠山は赤軍派の幹部の妻で、特権的な存在として扱われ、化粧やパーマをしていた。それを永田は「兵士としてどうか」と攻撃する。主導権を握りたい赤軍派も、舐められてはいけないとそこに同調する。山岳リンチの総括の連鎖はここから始まったんです。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ