五反田アトリエから――ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校第5期成果展レポート|藤城嘘

初出:2020年03月30日刊行『ゲンロンβ47』

 みなさまこんにちは、カオス*ラウンジの藤城嘘です。

 ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエでは、若手美術作家を紹介する展示を定期的に開催しています。

 

 3月1日から2日間、「ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校」の第5期生の最終成果展が行われ、事前の最終講評では各賞が決定いたしました!新芸術校では展示の実習として、受講生が4グループに分かれ、それぞれが展示を企画・実践するプログラムを実施しています。本プログラムは、グループごとに毎回採点が行われ、全体の成績上位者によって最終成果展が行われる、という「サバイバル型」のシステムになっています。

 グループA-Dまでの四つのグループ展からの選抜と、有志による復活プレゼンの審査による選抜により、最終選抜成果展示「プレイルーム」には11名の受講生が参加しました。そして、選抜メンバーからは落選してしまった有志の受講生によって、裏成果展「裏庭バロック」も行われました。また、今期から展評やキュレーションを担当する「コレクティブリーダー・コース(CLコース)」が設置されたため、キュレーションはCLコースの受講生と主任講師である黒瀬陽平によって協力して行われています。

 今回は受賞作品をふくめ、成果展全体のレポートを掲載いたします。

 ※ 新芸術校のwebサイトはこちら


+ その他の記事

1990年東京生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。美術作家。作家活動に並行して、集団制作/展示企画活動を展開する。「カワイイ」・「萌え」などの日本的/データベース的感性をベースに、都市文化や自然科学的なモチーフから発想を得た絵画作品を制作。主な個展に「キャラクトロニカ」(2013年)、「ダストポップ」(2017年)、「絵と、」vol.2(2019年)など。音ゲーを趣味とする(pop’n music LV47安定程度の実力)。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事