観光客の哲学の余白に(20) コロナ・イデオロギーのなかのゲンロン|東浩紀

初出:2020年4月17日刊行『ゲンロンβ48』

 ゲンロンはこの四月で創業から一〇年を迎えた。今号はその記念号にあたる。だからなにか書いてくれと頼まれた。

 けれど、いま明るいお祝いの言葉を書く気にはどうしてもなれない。理由はいうまでもなく、現在進行中のコロナ禍にある。ゲンロンカフェはもうひと月以上観客を入れることができていない。

 それは経営的に打撃というだけではない。ゲンロンは――というよりぼくは、この一〇年、ずっと、情報の交換だけでは人間はダメになる、哲学や芸術を理解するためには情報の「外」との触れ合いが必要だと主張し続けてきた。

 それを現実との触れ合いが大事だと要約すると、そこらへんのオヤジでもいいそうな素朴な話になる。じっさいぼくはそこらへんのオヤジでもあるが、ただぼくとしては、その主張を「誤配」とか「観光」とかいう言葉で武装し、AIとかビッグデータとかスマートシティとかばかりいっている「ネット万能主義」に対して、少しは抵抗を試みてきたつもりだった。そしてその実践として、ゲンロンカフェをやったり、スタディツアーを企画してきたつもりだったのである。

 ところが現状はどうか。この数ヶ月で、世界は急速にそのネット万能主義に支配されてしまった。仕事はテレワークでいい、教育はオンラインでいい、友だちつきあいはSNSでいいし、買物も食事も宅配でいい、要は Zoom と Amazon と Uber Eats さえあれば身体の触れ合いがなくても問題ないと、世界中のひとが認めてしまった。そして移動の自由も集会の自由も放棄し、みな家のなかに引きこもってしまった。その動きに対する知識人の反発も、これまた驚くほど少ない。

 ネット万能主義に懐疑を抱いてきたぼくは、この状況に困惑している。感染症対策だからしかたない、ネットがあってよかったじゃないか、という読者が多いかもしれない。けれどもその考えは素朴すぎる。 Zoom で可能な会議や授業はたかが知れているし、 Amazon で買えるものにも、 Uber Eats で頼めるものにも限界がある。高齢者の介護や乳幼児の世話はオンラインではできない。人間のコミュニケーションでオンラインで代替できるものは、現実にはきわめてかぎられている。それはほんとうはだれもが知っている。にもかかわらず、いまはみなが「社会の多くはオンラインで代替できる」という幻想にしがみついている。その幻想だけが、感染症への恐怖と社会維持の必要性を両立させてくれるからだ。

 けれども幻想は幻想でしかない。現実にはオンラインで代替できないものが多いのだから、みなが幻想にしがみつけばつくほど、その「代替できないもの」を担う人々に負担が集中していくことになる。いいかえれば、みなが身体的接触を避ければ避けるほど、接触を担わざるをえないひとの負担は増える。

 日本ではすでに「介護崩壊」「保育崩壊」という言葉がささやかれている。みなを自宅に閉じこめるならDVや児童虐待は救えなくなるし、オンライン授業では生徒や学生の心理的なケアはできない。 Amazon も Uber Eats もだれかが届けているのだから、遠からず彼らの労働環境も問題になるだろう。日本では労働格差と人種や民族は連動しにくいが、アメリカでは黒人の新感染症での死亡率が白人やアジア系の二倍近いと報じられている。黒人には公共交通機関や食料品店など、まさに「代替できないもの」に従事する低所得者が多いからだと分析されているが、そんなひどい話はない。一〇年ほどまえ、リチャード・フロリダの「クリエイティブ・クラス」という言葉がもてはやされたことがあった。科学者やアーティストや弁護士など、いわゆる「知識労働者」を指す言葉だ。たしかに彼らの仕事はオンラインで代替できるかもしれない。そして彼らがいちばんお金を稼ぐのかもしれない。けれど社会はクリエイティブ・クラスだけでは成立しない。

 世界はいま「社会の多くはオンラインで代替できる」という幻想にしがみついて、肝心の社会を引き裂きつつある。コロナ禍が短期で過ぎ去らないことがほぼ明らかになりつつあるいま、ぼくたちはそろそろ、感染拡大に怯えるだけでなく、そのリスクについても考え始めねばならない。これはたんなる経済の話ではない。「社会とはなにか」という話なのだ。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ