五反田アトリエから(36) コロナ禍から振り返るVOCA展|藤城嘘

初出:2020年05月25日刊行『ゲンロンβ49』

 みなさまこんにちは、カオス*ラウンジの藤城嘘です。

 ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエでは、若手美術作家を紹介する展示を定期的に開催していますが、感染拡大防止の観点から4、5月には展覧会の開催を控えておりました。そこで、いつものレポートに代えて、3月に行われた「VOCA展2020」に出展した新作について書かせていただくことになりました。ほとんどの美術館やギャラリーが休館状態となってしまったこの数ヶ月でしたが、少しでもみなさまの目を楽しませることができればと存じます。
 

【図1】藤城嘘《Lounge of earthly delights / Oruyankée aux Enfers》(2019年)、2200×3900mm、木製パネルにアクリル・色鉛筆など 撮影=上野則宏

 

 3月に、今年で27回目を迎える推薦制の公募展「VOCA展2020」にヒエロニムス・ボス《快楽の園》のオマージュ作品《Lounge of earthly delights / Oruyankée aux Enfers》(2019)を出展しました★1。開催日程は3月12日から30日までで、オープニングにあたってレセプションとシンポジウムが予定されていました。しかし周知の通り新型コロナウイルス感染症の世界的流行により展示の自粛ムードが2月から高まり、感染拡大防止の観点から、オープニングレセプションとシンポジウムは出展者と美術館スタッフのみで行われる簡素な内覧会にとって代わりました★2

 本来は多くの美術関係者で賑わうと聞いていたため残念な気持ちはあったのですが、まずは美術館がなんとか策を講じて開場を続けてくれていたことをありがたく感じていました。しかし、26日の午後には東京都の自粛要請を受けて、「翌27日をもって開催中止」とメールで通達されました。私自身も3度ほどしか会場を訪れないうちに、フェードアウトするように閉幕を迎えることとなったのです。会期最終日予定だった3月30日は私の30歳の誕生日であったため、開催できたことへの感謝の気持ちの一方で、この展示を節目のように感じていた私の気分は宙ぶらりんな状態になってしまいました。しかしだからこそ、この展示は私にとって不思議な意味を持つものとなりました。制作時にまったく思考していなかった出来事が、作品に宿る経験となったのです。

★1 「VOCA(ヴォーカ》」は「Vision Of Contemporary Art」の略称で、副題は「現代美術の展望・新しい平面の作家たち」。日本全国の美術館学芸員、記者、評論家などにより、40歳以下の若手作家が推薦され、「平面」という制限の中で新作を提出。第一生命保険株式会社の支援を受けながら、上野の森美術館を会場に毎春開催され、専門家の審査の上で賞が与えられる。VOCA賞およびVOCA奨励賞受賞作品は第一生命保険株式会社に買い上げられ、同本社の1階ロビーで公開されるほか、全入賞者に対して第一生命南ギャラリーでの個展の機会が提供される。VOCA展は若手美術家の登竜門的な位置づけとしても名が知られており、1994年に開催された第一回には大竹伸朗、岡崎乾二郎、福田美蘭、村上隆など、その後も奈良美智、やなぎみわ、会田誠、小谷元彦、小沢剛、田中功起など、現在から振り返れば国際的に著名なアーティストが数多く参加している。今なお日本の美術界で存在感の強い公募展だが、その影響力ゆえ、偏りのある保守的な審査が初期から批判されるきらいもあった。しかし、2018年には審査員が一新され、近年では梅沢和木やKOURYOUなどのカオス*ラウンジ関連作家も選出されている。
★2 2月26日には安倍首相によりイベントなどの中止・延期要請があり、29日には国立西洋美術館・国立博物館・国立科学博物館・東京都美術館などの上野に存在するミュージアムは軒並み休館。「VOCA展2020」開催直前の3月10日には新型コロナウイルス感染症流行が初の「歴史的緊急事態」に指定された。

 

【図2】「VOCA展2020」開催中の上野の森美術館外観。 撮影=筆者

 

NEWS

連載

ゲンロンβ