革命はリアルから生まれる――コロナ時代に政治的自由は可能なのか(2)|外山恒一+東浩紀

初出:ゲンロンβ50 2020年6月26日発行

 コロナ禍をうけた緊急事態宣言が全国で解除されておよそひと月。人々の緊張感が解けていくなか、7月5日には東京都知事選も行われます。ゲンロンカフェで5月10日に行われた革命家の外山恒一氏と思想家の東浩紀の対談では、コロナ禍における政治家と「人民」の関係が大きな話題のひとつとなりました。監視社会化をのぞむ「人民」から独立し、自由を守るためには、「実効支配地域」を持つことが重要だと外山氏は語ります。現実との接触が軽視されるなかで、現実を見失わないためになにが必要なのか。大きな反響を呼んだ対談の第2部をお届けします。
 第1部はこちらのリンクからお読みいただけます。(編集部)
 
※ 本イベントのアーカイブ動画は、Vimeoにてご視聴いただけます。ぜひご覧ください。
第1部= https://vimeo.com/ondemand/genron20200510no1
第2部= https://vimeo.com/ondemand/genron20200510no2

  

 

コロナ禍のなかの活動家


東浩紀 第1部では、コロナ禍によって、保守とリベラルの対立が無意味になり、ラジカルな思考をしているかどうかが知識人に問われているという話になりました。すこし話を具体的にしたいのですが、今回、活動家はどのような行動を起こしているのでしょう。たとえばレイシストしばき隊の野間易通さんはどうですか。

外山恒一 野間さんは「自粛するなら補償しろ」デモの第1回目には来ていたようです。しかし今回のコロナ禍では、活動家でも自粛に従っているひとが多い印象です。たとえば首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフは、いまはデモや集会をするべきじゃないと言ってる。驚いたのは、素人の乱が完全に自粛していることです。このコロナ禍でおもしろい運動をやるとしたら素人の乱の松本哉さんだろうと思っていただけに、ちょっとがっかりしました。彼は天才的な活動家だとぼくは思ってますから。

 おもしろい運動をやっていると外山さんが感じるのは、むしろ右派なのかしら。

外山 というよりも、外山派ばかりですね。「派」というとすこし囲い込みすぎですが、ぼくの影響を受けたひとか、この10年ぐらいぼくと仲良くしてきたひとたちのどちらかです。

 たとえば、大阪府が自粛要請を出すのと同時に、それに従わないという宣言をして、自粛期間中も営業しているバーがあります。営業しているバーは無数にありますが、わざわざ「宣言」を出したのはそこだけでしょう。それで共同通信にも取り上げられていました。そこのオーナーは学生時代にぼくを学園祭に呼んだひとです。

 あるいはこれも大阪で、「騒音の夕べ」というイベントやってるひとたちとも付き合いがある。彼らは普段から、大型トラックからひたすらノイズ系の騒音を繁華街でまき散らす活動をやっていて、あいちトリエンナーレのときにも会場の外で騒ぎを起こした集団です。彼らは今回も騒ぎをつづけていて、警察から「こんな時期に街頭でライブやってるのはお前らだけだ」と言われたりしたそうです。もっとも彼らのスタンスは単純に「反自粛」というのともちがって、ツイッターでは「路上にはコロナと我々しかいない。一般人は家にこもってろ!」などと豪語してました。

 あとは「名古屋アナキズム研究会」もおもしろい。これまたぼくが主催する合宿の参加者や、この10年ほど近しく交流してきた人たちで結成された団体です。彼らはアベノマスクを褒め殺して「マスク2枚ということは、2回までは不要不急の外出をしてもよいという安倍首相からのありがたいメッセージである。まことに不要不急ではございますが、花見をしたいと思います」と、本当に花見をやった(笑)。

 2回までOKというのがいいですね(笑)。