北のセーフイメージ(2) 多重化するアイヌの肖像|春木晶子

初出:2020年6月26日刊行『ゲンロンβ50』

安心と恐怖のリバーシビリティ


 江戸時代にアイヌを描いた作例をもとに、蝦夷地支配の観念が疫病退散の観念と切り離せない仕方で流布していたことを見てきた。アイヌは厄災や疫病をもたらす鬼門/北東/蝦夷地の住人であり、おそれの対象であった。和人にとってアイヌを支配することは、厄災や疫病をもたらす鬼門のおそれを取り除き、安心を導くことに通じていた。

 ここまでに挙げた作例は、和人とアイヌの優劣や支配被支配関係を明白にあらわし、アイヌが疫病とともに支配される様をわかりやすく見せるものであった。

 しかし、松前藩士蠣崎波響はきょう(1764-1826)による12人のアイヌの肖像画《夷酋列像いしゅうれつぞう》[図1]は、これまで見てきた作例とは大きく異なる。そもそもこの絵には和人が描かれないので、和人とアイヌの優劣や支配被支配関係は、明示されてはいない。そのうえ描かれたアイヌの酋長たちは、おそれや支配の対象というよりはむしろ、尊敬や賞賛の対象というべき威厳ある姿で並び立てられている。

【図1】蠣崎波響《夷酋列像》(1790年、ブザンソン美術考古学博物館所蔵)
 

 しかし、この絵ほどにアイヌをおそれ、おそれを安心へと変えるための努力が注がれた絵は他にない。

 安心と恐怖は、表裏する。

 このリバーシビリティを利用して波響は、脅威をもたらす者から脅威を除ける者へと、アイヌを変転しようとした。のみならず、アイヌの蜂起という松前藩の失政を、善政へと反転することさえをも企んだ。

 不都合を覆い隠し、賞賛される物語へと、都合よく書(描)き変えていく。《夷酋列像》は、古今東西止むことのないその営みの、もっとも巧妙な在り方の一つを示している。

絵を彩る「歴史」


 波響の企みを読み解く前に、この絵の前提をいくつか確認しておきたい。

 日本にあれば重要文化財は間違いない《夷酋列像》であるが、残念ながらそれはフランスにある。その所在が明らかになったのは、ほんの36年前のことだ。

 1984年、10月26日の北海道新聞は、極めてセンセイショナルな、フランスからの特派員の報道を載せて、人々を驚かせた。
 それは「江戸時代“松前応挙”とうたわれた松前藩家老、蠣崎波響の『夷酋列像』の十一点もがスイス国境に近いフランス・ブザンソン市立博物館に収蔵されていた。」という記事で、従来、この波響の若年の代表作、アイヌの長老ら十二人を描いたシリーズは、早く現物が行方不明となっていて、わずかに残された下絵帳や、彩色の模写本によって、その華麗な原本が想像されるに過ぎなかった。
 それが、作者の歿後、一世紀半以上の今日、しかも思いかけぬ遠い西欧の山中に、オリジナルらしいものが、ほぼ完全な姿で突然に出現したというのだから、まことに劇的な事件であった。★1

★1 中村真一郎『蠣崎波響の生涯』、新潮社、1989年、13頁。


NEWS

連載

ゲンロンβ