世界は五反田から始まった(18) エッセンシャルワーカー|星野博美

初出:ゲンロンβ50 2020年6月26日発行

 日中戦争が始まった頃に五反田で活発化した無産者運動だったが、共産党員に対する弾圧が激化し、昭和8(1933)年には活動がほぼ頓挫したことは前回述べた。

 ガスマスクや落下傘などを製造する藤倉工業のような軍需工場は、軍からの受注量の増減によって雇用を調整しやすいよう、大量の「臨時工」(非正規雇用者)を雇い、業績によっては「本工」(正規雇用者)に昇格させるという誘惑をちらつかせて、都合よく働かせていた。小林多喜二たちは、大日本帝国の植民地主義と資本家の搾取に反対し、労働者の待遇改善を求めたが、時代は戦時色を増していき、労働運動はしぼんだ。

 五反田地域の無産者運動について8回ほど書いた。それは単なる偶然のタイミングだったのだが、2020年に入って新型コロナウィルスの感染拡大が日本に波及するようになり、当時の印象が私の中で少しずつ変わり始めた。

 コロナウィルスは戦争とは異なる。しかし感染拡大を防ぐために各国が国境を封鎖したり人々の行き来を制限したりすることによって、国家や自治体の首長の存在を否が応でも意識せざるをえない。そして内と外、我らと彼ら、自国と他国といった、対立概念が加速度的に強まっていることを日々感じる。

 今回経験した、いや、今後もいつ再開するかわからない「緊急事態」を通して、戦争の泥沼にはまっていった時代の庶民の生活に思いを馳せてみたい。

歴史は違う形でやってくる


 町工場で育ったからだろうか、コロナのニュースでも工場関連に反応しがちだ。

 かつて日本の白物家電の雄だった日立製作所が、医療用防護マスク(顔全体を覆うフェイスシールド)の製造を、日立市とひたちなか市、尾張旭市の3工場で開始する、という報道があった(2020年4月21日 共同通信)。

 日立製作所はさらに4月27日より、同社製マスクの一般向け販売を開始した(1箱50枚入りで税別2980円)。ところが予想を大幅に上回るアクセスが集中して混乱が発生したため、急遽抽選方式に変更した。

 一時期、営利目的の買い占めもあって極度の供給不足に陥り、各地で購入のための長蛇の列ができた使い捨て不織布マスクは、この原稿を執筆している現時点(6月6日)では供給が回復しており、近所のスーパーでもすでに投げ売りが始まっている。私は戸越銀座商店街で、50枚入り一箱908円という値崩れ品に遭遇したほどだ。それでも、決して安いとはいえない日立ブランドのマスクの人気は収まらず、6月3日に行われた第6回抽選販売でも、7万人の当選者に対してなんと814万6289人の応募があったという、異様な人気ぶりである。

 5月には、各国の国境封鎖で便数が激減した全日空が、一時帰休を余儀なくされている客室乗務員の一部を医療用ガウンの縫製にあてることを発表した(2020年5月18日 朝日新聞)。これは全日空グループが、政府の要請を受けて内部で希望者を募ったもので、医療用ガウンを製造する奈良県上牧町の縫製会社ヴァレイの縫製作業に携わるという。従事するのはパイロットや客室乗務員、地上職員などで、彼らはガウンの腰ひもを作ったり袖口に使う生地を裁断したりするのを手伝い、専門的な技術を要する縫製などはヴァレイが担当する。パイロットの石塚哲也さん(32歳)は取材に対し、「(減便で)パイロットには実質的に仕事がない。素人の私でも、少しでも医療従事者の方々の力になれれば」と語った。

 私はこのニュースに反応した。

NEWS

連載

ゲンロンβ