五反田アトリエから(37) コロナ禍に振り返る五反田アトリエでの作品たち――過去の展示企画より|藤城嘘

初出:2020年6月26日刊行『ゲンロンβ50』

 みなさまこんにちは、カオス*ラウンジの藤城嘘です。

 ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエでは、若手美術作家を紹介する展示を定期的に開催していますが、感染拡大防止の観点から、4月から6月にかけて、展覧会の開催を控えておりました。そこで、いつものレポートに代えて、今回は五反田アトリエで過去に開催された展示から、今だからこそ見返したい作品をピックアップし、未公開の写真とともに紹介しようと思います。ほとんどの美術館やギャラリーが休館状態となってしまったこの数ヶ月でしたが、少しでもみなさまの目を楽しませることができればと存じます。

 コロナ禍において私たちは極度に移動を制限されてしまいました。しかし、オンラインという手段をとらずとも、べつの手付きで遠くの「風景」の質感を手にできたなら。まず紹介するのは高知県出身の美術作家、柳本悠花さんによる個展です。

【図1】柳本悠花 個展『さまよう むこうがわ』2017年5月19日(金)-6月4日(日)※展示レポートは『ゲンロンβ14』に収録
 

【図2】同前
 

 柳本さんは大学生時代から高知のタクシー社名表示灯や看板などの地元の「風景」や「建造物」を、フェルトや綿を使用した「ぬいぐるみ」状の立体作品に仕立てます。柳本さんは現在までに高知県以外にも、福島県いわき市や香川県の女木島などの地方の伝承、それにまつわる風景をリサーチし、刺繍による作品化を続けています。地元に対しての愛着ではなく、違和感からアプローチした一見して素朴でいびつなぬいぐるみたちは、独特の存在感があり魅力的です。

NEWS

連載

ゲンロンβ