展評ーー尖端から末端をめぐって(10) コロナ禍と「常設展」|梅津庸一

初出:2020年07月17日刊行『ゲンロンβ51』

 パープルームがある相模原の通りを歩いていると、歩行者の顔に街路樹の葉が当たるほど枝が伸びている。通り沿いの飲食店はどこも活気がない。これもいまや見慣れた光景になってしまった。まるで今が非常時なのか平常時なのか時々わからなくなるくらい、コロナ禍は日々の生活に馴染んでしまった気がする。

 パープルームのアトリエで作業をしていると、外から「梅津さん! もうご飯食べた? 寿司食べに来なよ!」とよく通る大きな声が聞こえてくる。声の主は、隣のアパートにある「みどり寿司」の大将だ。わたしは作業を中断し、2階の窓から下に佇んでいる大将に向かって「すぐ行きます!」とこたえる。これは特段かわったやりとりではないが、このようなやりとりが当たり前になるまでには紆余曲折があった。今回はそんなやりとりの背景にあるものを、パープルームギャラリーで開催された「常設展」★1や「常設展Ⅱ」★2と絡めながら語ってみたい。

【図1】安藤裕美《誰もいなくなった相模原のジョナサン》、2020、キャンバスに油彩、605×727mm
 

 パープルームのある建物に住み始めて11年になる。相模原という土地にこだわりや愛着があったわけではない。たんに広くて家賃が安い物件を探し求めた結果、この場所に住むことになっただけだ。それに当時は、うらぶれた郊外で他人から干渉を受けずにひっそりと自身の創作活動に打ち込むのが美術家にとっての「研ぎ澄まし」だと思っていた。当然、近所の住人との付き合いはまったくなかった。わたしは、美術の営みとは世間から距離をとるのが普通だと思い込んでいた。いや、実際はそうではなかった。今振り返ってみると、たしかに相模原では引き籠っていたが、同時に都心にあるコマーシャルギャラリーに「純度の高い作品(商材)」を度々納品しに行き、美術界から忘れ去られないよう定期的に他人の展覧会のオープニングパーティーに顔を出し続けていた。それがわたしにとっての美術の営みだった。

 震災後、既存のインフラや美術の制度への信頼が揺らぎ、もともと自分の中にあった小さな疑問はどんどん膨れ上がっていった。このような状況を打開するために2013年に立ち上げたのがパープルームである。震災を機に、日本のアート界の慣習に最適化し、成り行きに身を任せてきた自身の活動を反省して、同世代の作家仲間との関係を断ち再出発しようと決意したのだった。

 詳しい話は省略するが、こうして始まったパープルームの活動は思ったよりも長続きしており、もはやいわゆる「プロジェクト」や「アートの実践」の範疇を超え始めているという実感がある。当初わたしは30代の時間の大半をパープルームにつぎ込むことになるとはまったく思っていなかった。震災以前は作家としての軸がふわふわして地に足が着かない状態に悩み続けてはいたが、私生活の方は順調だった。今でも時折、あの頃の方が現在よりも幸せだったのかもしれないと思うことがある。わたしはそんな極めて個人的な「邪念」を振り払うために美術やパープルームの活動により没入していったのかもしれない。パープルームには日頃から多くの人が出入りし、常に「活性」の状態が維持されるように心がけているし、実際それはある程度は成功していると思っている。わたしにとって美術やパープルームの活動は、あり得たかもしれない別の幸せに見合うものでなければならない。そんな強迫観念に取り憑かれながら活動してきた。

 

 数年前まで、じつはパープルームは近隣住民からしばしばカルト集団と疑われ、ただ集まっているだけで警察に通報されたことさえあった。町内でパープルームはずっと浮いた存在だったのである。しかし2018年末にパープルームギャラリーの運営を始めてから少しずつ状況が変わり始めた。

★1 出展作家は梅津庸一、安藤裕美、アラン、シエニーチュアン、わきもとさき、松澤宥。安藤裕美《誰もいなくなった相模原のジョナサン》などコロナ禍の光景が反映された作品も見られた。会期は2020年4月28日-5月5日。
★2 出展作家は梅津庸一、安藤裕美、アラン、シエニーチュアン、わきもとさき、播磨みどり。「入れ子状の室内画としての展覧会」が目論まれた。ギャラリー内には格子が設置され家や模型などを主題にした作品が並んだ。またみどり寿司で食事をしたお客さんに「パープルストリートにおいでよ」という冊子を配布するキャンペーンも行われた。会期は2020年5月23日-5月30日。


NEWS

連載

ゲンロンβ