つながりロシア(13) コロナ・パニックと東方正教会(1)――この世の終わりとよみがえったラスプーチン|高橋沙奈美

初出:2020年08月21日刊行『ゲンロンβ52』

パンデミック──この strange な時代


 新型コロナウィルスの感染の波が世界を覆い始めた頃、私は研究のためドイツに長期滞在していた。新規感染者数と犠牲者数が増加し、ロックダウンが始まる中で、周りの人びとは口々に「strange / странное」な時代だ、と言った。初めてこの言葉を聞いた時、先行きの見えない不安が募る社会を「奇妙」と形容することにわずかな違和感を覚えた。しかし、strange という単語を調べてみれば、これに「未知の」とか「見聞きしたことのない」という意味があることが分かる。この「新しい」時代には、日ごとに情勢が変化し、発信される情報は多岐にわたり、ときに相互に矛盾する。いまだかつてないほど、私たちには、自分の力で信頼できる情報を見極め、自分自身で判断する力が求められている。

 

 本来、私たちには移動の自由が保障されている。社会主義時代の東ドイツに生まれ育ったドイツのアンゲラ・メルケル首相の声明★1は、権利の重みを十分に理解しながら、それを制限せざるを得ない状況に政府が直面していることを明言した点で際立っていた。しかし、日本の現状を見るに、私たちはいとも容易に自分たちの権利を権力に預け、「自粛要請」に従っているのではないか。それは感染するリスクのみならず、自分の周囲から感染者を出すリスクと責任から逃れたいという思いの裏返しではないだろうか。自らの権利をより大きな権威に委ね、孤立や責任から逃れようとする社会については、ナチズムを経験したユダヤ人の社会心理学者エーリッヒ・フロムが『自由からの逃走』で描いている。

 一方、こうした社会の流れに反して、自分たちの権利を訴え続ける人びとがいる。その多くは、外に出て他者と交流することが、自分のアイデンティティ、つまり自分自身の存在の根幹にかかわる人びとである。私が研究対象としている東方正教会(後述)の伝統的信者たちも、こうした人びとの部類に入る。彼らは宗教的に熱心なだけでない。彼らの多くは、自分の命さえ顧みず信仰を貫いたソ連時代の殉教者たちの話をそう遠くない過去、個人的かつ具体的な身近な出来事として記憶している。

 

 本稿では、ロシアとウクライナの正教会が社会隔離政策にどのように対応したのかを紹介する★2。2020年3月、欧州各地でロックダウンが始まって間もなく、正教会の指導部は隔離政策に従って感染症から信者たちを守るべきか、衛生管理を徹底した上で信者たちの拠り所であり続けるべきか、大いに揺れた。ロシアとウクライナでもその対応は分かれたし、細かく見ていけば教区ごとにその対応は異なったともいえる。教会は伝統的かつ確固たるヒエラルキーをもつ組織であるが、新型ウィルスに対しては指導部の決定が行きわたらず、結果として分派さえ生まれた。今号ではロシアを、次号ではウクライナの事例を紹介する。個別の事例を詳細に紹介することで、社会隔離政策への教会の対応は、生命の危険に対して信仰の自由をどこまで尊重すべきか、という問いへの態度によって規定されたのみならず、コロナ・パニック以前の教会と権力の関係、教会と信者の関係によって大きく左右されるものであったことを明らかにしたい。

東方正教会とは


 東方正教会(Eastern Orthodox Church)とは、キリスト教の一宗派である。ギリシア正教会、ロシア正教会などと呼ばれることもあるが、すべて同じ東方正教会である。現代のロシアでは人口の6-7割が正教徒を自認すると言われる(ただし地域差は大きく、あくまで平均の話である)。ただし、正教徒を自認する人びとのうち、伝統的な信仰生活を送る正教徒はそのうちの1割程度である。伝統的正教徒は、日曜ごとの教会での祈祷(奉神礼)に参加する他、教会暦に従って教会の祝日を祝い、食事制限や服装規定を守っている。当然、外から見えるそうした実践を支えているのは、熱烈な信仰である。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

九州大学人間環境学研究院。主な専門は、第二次世界大戦後のロシア・ウクライナの正教。宗教的景観の保護、宗教文化財と博物館、聖人崇敬、正教会の国際関係、最近ではウクライナの教会独立問題など、正教会に関わる文化的事象に広く関心を持つ。著書に『ソヴィエト・ロシアの聖なる景観 社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズム』(北海道出版会)、共著に『ロシア正教古儀式派の歴史と文化』(明石書店)、『ユーラシア地域大国の文化表象』(ミネルヴァ書房)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事