世界は五反田から始まった(21) 武蔵小山の悲哀(3)|星野博美

初出:2020年09月23日刊行『ゲンロンβ53』

 時局の悪化にともない、武蔵小山商店街を中心に結成された「第十三次満洲興安東京荏原郷開拓団」は、団員269名、家族770名の、総勢1039名を満州へ送り出した。農業従事者ではなく、都会在住者たちの転業開拓団である。このうち約4割にあたる401名が14歳以下だった。

『品川区史資料編』(品川区、1970年)に、当開拓団の団員たちの前職が掲載されている。職業ごとに数が多かった順に並べると以下のようになる。

 一番多かったのが洗濯業(17名)。続いて飲食業(15名)。青果商と運送業(各13名)。乾物商(11名)。洋服商(8名)。酒類商と写真機商(各6名)。

 4名が靴業、紙類商、理髪業、左官、石工、古物商、陶磁器商、家具業、雑貨商。

 3名が自転車業、魚商、肉商、豆腐業、子供服商、質商、履物商、表具師。

 2名が眼鏡商、茶商、菓子商、呉服商、木工、ブリキ業、鋳物業、燃料商、小間物商。

 1名が自動車、時計、刺繍、染物、造園、浴場、牛乳、煎豆、納豆、洋傘、洋品、蓄音機、アルバム、鍛冶工、電気器具、鋏、大工、印刷、塗装、看板、金物、製本、井戸工事。

 最後に「蒲田(団カ)」という人が1人含まれているのだが、蒲田の人がいたという意味だろうか。

 煎豆屋と納豆屋は別業種だったのか。バラエティーに富んだ店が立ち並ぶ商店街の賑わいが目に浮かぶようで、よりいっそう胸が痛む。写真機商というのはカメラ類を売る店だろうが、この業種が案外多いことに、当時の繁栄ぶりと都会性を感じる。
 
 開拓団結成にあたって書かれた「満州興安東京荏原郷開拓団結成之趣意」は、勇ましいものだ。

 われら団員はつとに国家の配給機関として商業を通じ職域奉公の誠をいたさんとし支那事変三周年記念日たる昭和十五年七月七日「武蔵小山商業報国会」を結成し爾来公憂を以って私憂となし私心を滅して公福に真し士魂以って商道をつらぬく商業報国の実践活動に終始し来った。
 然るにその後大東亜戦争勃発し時局いよいよ急を告げるに及び従来の適正円滑配給の実行を目標とする商業報国運動の不徹底消極性を痛感しここに心機一転国家に殉ずる積極的愛国運動の展開を企図し自ら進んで祖先伝来の家業を奉還し欣然として大陸開拓を決意するに至った。
 従って吾等団員は転業者なるが故に生活の途のみを満洲開拓団に求むるものでは断じてなく大戦完遂のため食糧増産に挺身し日本民族発展の基地を建設しあわせて五族協和の実を捧げんがために敢て転廃業し入植するものである。
 われ等団員は国家が要請する新らしいママ任務を遂行すべき真に日本的なる農家開拓団を一日も速かママに建設せんがために本団を結成する次第である。

 昭和十八年三月 団長 山崎真一 副団長 吉田之吉 副団長 足立守三★1

 転業開拓団であるからこそ、食い扶持を求めて満洲へ渡るのでは断じてない、という勇ましい言葉が連ねられている。

 山崎団長は武蔵小山商店街商業組合理事長であると同時に、東京和紙商業組合連合会長も務めた人物なので、上記の前職リストからすると紙類商だろう。東京呉服商組合支部長でもあった吉田副団長は呉服商、東京婦人子供服商業組合支部長を兼任した足立副団長は、おそらく洋服商と思われる。

改名された現地部落


 入団者は東京都七生村開拓訓練所において1か月の作業、および軍事訓練を受けてから入植した。

 彼らが入植したのは、満州北西部の興安街(王爺廟)西方5キロの地点で、当時は「満州国興安総省西科前旗協和地区」と呼ばれた地域。現在の行政区分では内蒙古自治区に入り、「内蒙古興安盟科右前旗大埧溝郷」という。48万坪という広大な原野を16の部落に分け、団員たちは入植した。もちろんそこには蒙古族や漢族、満州族の人たちが暮らしていて、彼らの土地を強制的に徴収した上での開墾である。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1966年東京・戸越銀座生まれ。ノンフィクション作家、写真家。『転がる香港に苔は生えない』(文春文庫)で第32回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『コンニャク屋漂流記』(文春文庫)で第2回いける本大賞、第63回読売文学賞「紀行・随筆」賞受賞。主な著書に『戸越銀座でつかまえて』(朝日文庫)、『島へ免許を取りに行く』(集英社文庫)、『愚か者、中国をゆく』(光文社新書)、『のりたまと煙突』(文春文庫)、『みんな彗星を見ていた―私的キリシタン探訪記』(文春文庫)、『今日はヒョウ柄を着る日』(岩波書店)など、写真集に『華南体感』(情報センター出版局)、『ホンコンフラワー』(平凡社)など。『ゲンロンβ』のほかに、読売新聞火曜日夕刊、AERA書評欄、集英社学芸WEBなどで連載中。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事