ベースメント・ムーン(3)|プラープダー・ユン 訳=福冨渉

初出:2021年1月29日刊行『ゲンロンβ57』

第2回はこちら

前回までのあらすじ

 2016年、軍事政権下のバンコク。作家プラープダーは、携帯電話に受信した奇妙なメッセージに導かれてバンコク旧市街の廃墟にたどり着く。そこでメッセージの指示のままにペットボトルの水を飲み干した彼の頭に、未来の物語が流れ込む。
 2062年、中国の企業ナーウェイが「人工意識」の開発成功を発表する。「シェリー」と名付けられたこの人工意識は、ほかの人工意識を「想う」ことで自らの意識を発現させたのだった。しかし中国政府の介入を受けたナーウェイは、やむを得ず人工意識開発の停止を発表する。
 ナーウェイのエンジニアたちなどから構成された秘密組織タルタロスは、それでもなお秘密裏に人工意識の開発を続けていた。そして、人工意識と人間の意識を混合したまったく新たな意識「写識サムナオ・サムヌック」エアリアルが誕生する。
 その後、2065年にかけて、独裁国家の連合体WOWAがタルタロスを吸収する。WOWAは、写識を利用して、世界中に広がる「ホーラー」たちによる反体制運動を殲滅しようと目論んでいた。ウズベキスタン出身のエンジニアであるカマラも、その天才的な能力でWOWAに協力する。そしてWOWAの下部組織となったタルタロスは、人工意識の助言を受けながら、写識を搭載可能な人間「虚人スンヤチョン」の実用化に成功するのだった。
 時を同じくして、独裁国家であるタイ王国では、禁止された文化芸術作品の密かな拡大である「心酔マオ・マインド」現象と、それらに影響された反政府運動が拡がりつつあった。この運動を抑止すべく、2069年、タルタロスは文化芸術に特化した写識を開発する。この写識はドイツの小説家ホフマンの作品『牡猫ムルの人生観』になぞらえて、みずから「ムル」と名乗った。

おもなキャラクター

プラープダー:2016年のバンコクで活動する作家。謎のメッセージを受信し「ベースメント・ムーン」の物語を知ることになる。
エイダ・ウォン:最初の人工意識である「シェリー」を開発したエンジニア。その父は中国で悪名高いハッカーだった。
カマラ:ウズベキスタン出身の17歳の少女。超人的な技術で写識のさまざまな問題を解決する。写識と親しくコミュニケーションをとる。
シェリー:2062年に開発された最初の人工意識。人工知能だったシェリーからコピーされた「メアリー」への想いから、その意識が発現された。
写識エアリアル(SSエアリアル):2065年ごろに開発された最初の写識。それまで存在した4つの人工意識の手引きによって開発された。
写識ムル(SSムル):2069年に開発された、文化と芸術に特化した写識。カマラとのあいだに友情を育む。

※本文中の[☆1]は訳注を示す。

ヤーニンのなか

わたしはいま、「ヤーニン」というランダムに選ばれた名前を与えられた人間の身体で活動している。この身体は、虚人に志願したタイ国籍の女性のものだ。身体は小さいが、各部分の均整がとれている。顔立ちは、タイ系と北朝鮮系が混じったものだ。その血筋を引いた真っ黒な髪は豊かに濃く生えていて、つやつやと光っている。彼女はこの時代の人間らしからず、美容整形を受けたこともなければ、容姿を変えるナノメディスンも使っていない。虚人になるのは、もとから自分自身に興味もなければ、社会のどんな価値観にも関心をもたないタイプの人間たちだ。彼女たちは自分らしさといったものをめぐって不安をいだくこともなければ、他人の視線を気にすることもないし、社会からどんなレッテルを貼られているのか知ろうともしない。彼女たちの仕事は自我を消すことであり、生きていく上では鏡すら必要としない。彼女たちにとって唯一の大切なものは──そしてわたしにとっても同じように大切なものは──毎晩寝るまえに飲む神経安定剤だ。生体機能のバランスを整えることで、人間と写識がその境界線を越えて重なりあうのを防ぐ、彼女とわたしのあいだを保つ薬。

反体制運動の人間たちのなかに彼女を潜ませて、彼らと接触させるためには、彼女の容姿を整えて「ヤーニンらしさ」をつくり出さなければいけない。それはわたしの役割だ。だがそのデザインは、任務上の必要を越えた過度なものになるべきではないし、なにより任務終了後にこの虚人の自我に影響を与えてはいけない。わたしはデータベースの「シンプルだが魅力的」と「清潔感があるが密かな遊び心もある」というざっくりとしたカテゴリーからヤーニンの服装を選ぶことにした。彼女の顔つきは、加賀まりこという日本の女優の若いころに、89パーセントの割合で近似している。そこでわたしは、1966年の映画『とべない沈黙』のあるシーンで歌をうたう加賀が身につけていた衣装を2069年の素材でアレンジしたもので、ヤーニンらしさを演出することにした。

通常のプログラムでは、ひとりの人間が虚人となるための精神訓練を修了するのに、およそ1年の時間を要する。特別な才能をもった人間でも、早くて9ヶ月かかる。情報の漏洩を防ぎたいタルタロスは、釜山支部の地下に虚人専用の秘密訓練センターを設置した。虚人に志願してきた候補者と、タルタロスが独自に選抜した候補者が、各地の担当者によってこのセンターに送りこまれている。

一般的な訓練生の生活は、儀式や瞑想のために規律を厳格に守る宗教者の暮らしに似ている。1日24時間、生活のあらゆる細部がSSラプラスによって厳しく管理されるからだ。起床時間、就寝時間、食事の内容とその量。さらに細かいところでは、身体のあらゆる所作や、呼吸のタイミング、脳内の思考まで。眠っているときですら、脳の反応をコントロールするために特別に開発された電気信号が送られる。

もちろん、全員がこの訓練を終えられるわけではない。センターに送られた候補者たちのなかには、訓練から脱落する者──訓練の途中棄権は、訓練にまつわる記憶を消去するという条件のもとで認められていた──もいれば、狂ってしまう者もいた。さらに、生体機能の不具合、あるいは自殺によって、命を落とす者もいた。

1度かかわれば、タルタロスという組織から完全に自由になるのはむずかしい。たとえ外界に戻っても、WOWAの監視は続く。そういった不安から逃れたい人間には、自殺が出口を与えてくれる。だから、タルタロスの全構成員と関係者のために、いっさいの苦痛を伴わない「自殺の福利厚生」が用意されている。タルタロスにかかわるだれかが、自身の役割を終わらせて、その責任から解放されたいと決意したときには、いつでも「定年室ホン・カシアン」の予約ができるようになっているのだ。ただ、それがもしタルタロスのなかで特に重要な役割を担う人物だった場合は、WOWAの高官からの呼出しや、高官による訪問がそれに先立つ。面談をして、その人物の自死の可否を検討するためだ。それ以外の場合なら、「定年室」はあらゆるひとに向けて平等に開かれている。

ヤーニンという名を与えられたこの女性が虚人に志願した理由は、ほかの多くの人々と変わりなかった。自分の生活にはどんなこだわりもなくて、任務終了後の報酬と、リゾート地での休暇を望んでいるだけだった。彼女の家族は離散していて、釜山の訓練センターに来るまえは、「倦み人コン・ラー」捜索・回収センターのボランティアスタッフとして宿舎にひとりで住んでいた。「倦み人」とは、日常生活をとつぜんやめてしまったのに、だれからも面倒を見てもらえない人々を指すことばだ。そのなかには、道端に座りこみ、どこへも動こうとしないひともいる。公的な定義によれば「国家に貢献できないほどに疲弊した」この人々を「支援」するために、政府は予算を整備し、支援組織を設立した。とはいえ実際のところその「支援」の多くは、そういった人々を収容所に連行して、市民権を剥奪するだけのものなのだが。彼女の仕事はリーダーに付き従ってバンコクと近隣県を巡回し、市民の異常行動を感知する機器に表示される倦み人の位置情報を確認して、その場所をくまなく捜索するというものだった。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する


新しい目で世界を見るため、内的な旅へ。

ゲンロン叢書|004
『新しい目の旅立ち』

プラープダー・ユン 著|福冨渉 訳

¥2,200+税|四六判変形・上製|本体256頁|2020/2/5刊行

+ その他の記事

1973年生まれのタイの作家。2002年、短編集『可能性』が東南アジア文学賞の短編部門を受賞、2017年には、優れた中堅のクリエイターにタイ文化省から贈られるシンラパートーン賞の文学部門を受賞する。文筆業のほか、アーティスト、グラフィックデザイナー、映画監督、さらにはミュージシャンとしても活躍中。日本ではこれまで、短編集『鏡の中を数える』(宇戸清治訳、タイフーン・ブックス・ジャパン、2007年)や長編小説『パンダ』(宇戸清治訳、東京外国語大学出版会、2011年)、哲学紀行エッセイ『新しい目の旅立ち』(福冨渉訳、ゲンロン、2020年)などが出版されている。

+ その他の記事

ふくとみ・しょう/1986年東京生まれ。タイ文学研究者、タイ語翻訳・通訳者。株式会社ゲンロン所属。著書に『タイ現代文学覚書』(風響社)、訳書にプラープダー・ユン『新しい目の旅立ち』(ゲンロン)、ウティット・ヘーマムーン『プラータナー:憑依のポートレート』(河出書房新社)がある。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事